阪神のリリーフ陣の一角,石崎剛のピッチング

昨季は、5月16日に登録抹消された後、6月15日には右肘のクリーニング手術を受ける。

石崎は、右足踵に重心をかけて、右股関節を外旋して、左膝を内入れして「く」の字を作って若干ヒップファーストでステップ。

右足踵又は右足のスパイクの外側に重心をかけた後、拇指球に重心を移します。

テイクバックのときに両肩が平行になっている。

石崎は、右肘をつまみ上げてトップを作る過程で三塁側に回転軸が傾きます。

ストレートを投げたときに、左足の着地位置の探りの過程で左足で弧を描くことがある。

左足は踵から着地する。

石崎は、右足を蹴って右股関節、腸腰筋が内旋するのが、右肘の出よりも先行し、回転軸が三塁側に傾き、ボールを持つ手が打者の前に現れるのが早いので、打者、特に左打者は、球速表示ほど速いとは錯覚しないだろう。

オーバーハンドの投手よりも右股関節、腸腰筋の内旋が早いので、左肩よりも左膝の方が大きく開いています。

骨盤が打者の正面を向くと、ボールを持つ手が頭から出始める。

サイドアームの投手は、右股関節と腸腰筋の内旋が、右肘の出よりも先行するので、胸と骨盤が打者の正面に向いています。

リリースの瞬間に右肩が凹むことがある。