阪神では主にロングリリーフを務める岡本洋介のピッチング

岡本洋介は、右足踵に重心をかけて左膝を上げて上体が反る。

左膝を下すときに右股関節を内旋、左膝を内入れ、「く」の字を作ってステップし、左膝をルーズに曲げる。

右肘をつまみ上げたときに左肩が開く。

左肩、左膝の開きに右肘の出が遅れることがある。

左足は踵から着地するが、着地したときに左足の位置がズレる。

よって、右肩が凹んで、ボールを引っ掛けて低目にワンバウンドさせることがある。