昨シーズン中継ぎとして53試合に登板,風張蓮のピッチング

風張は、右踵に重心をかけて立ち、右股関節の外旋がなく、ステップ。

左足の着地位置の探りの過程で弧を描くことがある。

左肩、左肘が開いて、右腕が伸びて高目に外れることがある。

フィニッシュで一塁側への右足のターンも途中で止まり、そうでないときは、三塁側に重心が残る。