昨シーズン一軍登板なし左のリリーフ投手戸根千明のピッチング

戸根は、右膝のレッグダウンのときから左股関節の外旋を始め、左足のスパイクの外側でエッジをかけ、右足内転筋を内旋する。

テイクバックのときには左肩が右肩よりも下がらないが、左肩関節の外転の前に左肩が右肩よりも下がる。

左肘をつまみ上げたときに、左足はスパイクの内側でエッジをかけ、左膝が外側に逃げている。右足はスパイクの内側から着地する。両肩甲骨がぶつかるが両肩がM字になる。右手は親指が上になる。

右足の着地から左肘が出てくるまでの間が短い。

リリースの瞬間に右足が突っ張らない。

左腕前腕部の回外の前に左足を蹴り始める。