巨人入団二年目となるサムエルアダメスのピッチング

アダメスは、右足踵に重心をかけ、右股関節を外旋して左膝を上げる。

テイクバックのときに、右腕前腕部を回内し、右腕を背中の方に引く動作が大きい。

右肩と左肩の高さはフラットになっている。

左足は、スパイクの内側の踵から着地する。

トップを作ったときに、既に右股関節が内旋しており、右膝が内に入る。

左肩、左膝が割れる。

右腕上腕部が外旋し、右肘が背中の側に入る。

右腕前腕部が回外して右肘が沈む。

リリース直前のトップの位置が低い。

リリースの瞬間に左足が突っ張るが、右腕上腕部が凹み、右肘の位置も下がる。

右足を一塁側にターンさせてフォロースルーをする。