巨人へ移籍して2年目となる野上亮磨のピッチング

野上は、ノーワインドアップから、右足踵に重心をかけ、又は右足踵に重心を残して左膝を上げる。

野上は、左膝を上げたときに右足の踵に重心がかかり、上体が反る。

右股関節はほとんど外旋せずに右足太もも外側に重心をかけて左膝を内入れし、「く」の字を作って右足の拇指球に重心を移して、ヒップファーストでステップ。

左膝から下を内に入れ、俊敏に左膝を本塁方向に向けていきます。

野上は、テイクバックのときに右腕を背中の側に大きく引く。

右肘が逆L字のときに右股関節は外旋していないが左肩が開いていることがある。

右肘をつまみ上げたときに、右股関節が開き、左肩が開くことがある(左肩のみ開くこともある)。

野上は、Cアーチをかけたときに、エッジをかけた右足の踵が浮き始める。

右股関節、腸腰筋は内旋していない。

左足は、スパイクの内側から着地。

トップを作る過程で、左肩、左膝が開くことがある。

トップを作ったときに左内転筋は伸びるが、右股関節が内旋し、左肩、左膝が開く。

胸の張りが大きい分、トップの位置は高い。

トップを作ったときに、ボールを持つ手を頭の後ろに隠せている。

回転軸の一塁側への傾きは、それほど大きくありません。

スリークウォーターに近いオーバーハンドである。

頭が回転軸から少しズレていることがある。

野上は、リリースの瞬間、左足が突っ張らない。

股間から下が台形になり、左膝の壁が崩れています。

リリースの瞬間、又はリリース直後に右腕上腕部が凹むことがある。

フィニッシュで三塁側に重心が残る。

フィニッシュで右足を一塁側にターンすることもある。