先発転向もあり得る阪神のリリーフ陣の一角,岩崎優のピッチング

岩崎は、セットポジションから左股関節を内旋してから、逆「く」の字を作ってヒップファーストでステップ。

逆「く」の字を作って右足で弧を描くことがある。

トップを作る過程で、右肩が開く。

トップを作ったときに、左股関節、腸腰筋が内旋している。

左腕上腕部が外旋してトップを作ったとき、左肘前腕部が回外し、左肘が沈む。

右肩が割れる。

右足はインステップだが、右膝の壁が崩れ、右膝が割れ、スパイクの外側に重心がかかる。

上体も前に倒れ、縦回転が足りない