先発もあり得るヤクルトの中継ぎ投手大下佑馬のピッチング

大下は、右足の踵に重心をかけ、右股関節を外旋して左膝を上げる。

「く」の字を作ったときに右股関節を外旋、スパイクの内側、外側でエッジをかけ右足の踵寄りに重心をかけており、左足内転筋を内旋する。

テイクバックのときに右腕上腕部を回内し、背中の方に引くが、上体と下半身に捻転差はない。

テイクバックのときに右肩を左肩よりもわずかに下げる。

左足は踵から着地し、左足の着地から右肘が出てくるまでの間は短い。

リリースの瞬間に左足は突っ張らない。

上体を一塁側に倒して投げる、右足を一塁側にターンさせるが、両足がクロスしない。