中日の元セットアッパー、先発経験もある又吉克樹のピッチング

新人の年(2014年)、セントラル・リーグ2位の67試合に登板。リードの局面からの救援登板では、交代した先発投手が有する勝利投手の権利を消すことが一度もなかった。

2015年は、セットアッパーとして一軍公式戦63試合に登板する。

入団以来3年連続で60試合以上の一軍公式戦登板」という球団記録を達成。

一軍公式戦の開幕をロングリリーフ要員として迎えた後に、4月13日の対ヤクルト戦で一軍公式戦初先発。4月27日のナゴヤドームでのヤクルト戦で、一軍公式戦登板189試合目での先発初勝利を達成。さらに、セ・パ交流戦期間中の6月6日には、対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)でプロ初完封を達成する。同月下旬のリーグ戦再開後からセットアッパーに復帰した。

動作解析

右投げ右打ちサイドハンドに近いスリークォーター

又吉は、左膝をレッグダウンしてから右股関節を外旋、右足はスパイクの外側に重心をかける。

左足と上体で「く」の字を作ったときに、右足はインエッジで右足のスパイク外側も地面に沿わせる。右股関節を外旋、左足内転筋を内旋する。

右肘をつまみ上げたときに右肩が上がり、左肩、左膝が開く。

右股関節、腸腰筋も内旋する。

左足はスパイクの内側から着地する。

右足の甲が地面に着くぐらいステップ幅が広い。

左足の着地から右肘が出てくるまでの間が短い。

リリースの瞬間に左足は突っ張らない。

右足は右腕前腕部の回外のときに蹴る。

右足を蹴り始めてからは、三塁側に重心が残る。

各種指標

球種配分

球場別成績