中日の元セットアッパー、先発経験もある又吉克樹のピッチング

又吉は、左膝をレッグダウンしてから右股関節を外旋、右足はスパイクの外側に重心をかける。

左足と上体で「く」の字を作ったときに、右足はインエッジで右足のスパイク外側も地面に沿わせる。右股関節を外旋、左足内転筋を内旋する。

右肘をつまみ上げたときに右肩が上がり、左肩、左膝が開く。

右股関節、腸腰筋も内旋する。

左足はスパイクの内側から着地する。

右足の甲が地面に着くぐらいステップ幅が広い。

左足の着地から右肘が出てくるまでの間が短い。

リリースの瞬間に左足は突っ張らない。

右足は右腕前腕部の回外のときに蹴る。

右足を蹴り始めてからは、三塁側に重心が残る。