中日のクローザー候補鈴木博志のピッチング

鈴木博志は、左足を上げたとき、どちらか言うと拇指球に重心がかかる。

鈴木博志は、右踵に重心を残してヒップファーストでステップ、リブダウンも大きく、右足のターンを途中で止める。

鈴木博志は、右肩をつまみ上げたときに、両肩がM字になり、左肩、左肘が開く。

右股関節を外旋、「く」の字を作ってヒップファースト。

トップを作ったときにボールを持つ手を頭の方に向けているが、トップを作る過程で右足を蹴り始めていて、右股関節だけでなく、腸腰筋も内旋し始めている。

ボールを持つ手が頭の後ろに隠せていない。

左足は踵から着地し、胸の張りが大きいので、右腕のトップの位置は高い。

右肩が凹み、フォークがワンバウンドすることがある。

フォロースルー期で左膝の壁が崩れて右足のターンを途中で止めていることがある。

フィニッシュで重心が三塁側に残る。