中日にとって欠かせない中継ぎ投手祖父江大輔のピッチング

祖父江は、右踵に重心がかかり、左膝を上げたときに、上体が反る。

右股関節の外旋をしてヒップファーストで投げるが、トップを作ったときに、腸腰筋が回り、右の骨盤が打者の正面を向くことがある。

トップを作る過程で右の踵が地面から外れて左肩が開き、左肘と並進しない。

左足はスパイクの内側から着地する。