中日にとって欠かせない中継ぎ投手祖父江大輔のピッチング

2014年4月4日に一軍登録され同日の巨人戦でプロ初登板、1回を無失点に抑えた。その後も中継ぎとして登板、最終的に54試合に登板し防御率3.53。

2017年4月20日の対阪神戦(ナゴヤドーム)で0-1の状況から7回に登板し、三者凡退に抑えその裏にチームは逆転、142試合目の登板でプロ初勝利を挙げる。

動作解析

祖父江は、右踵に重心がかかり、左膝を上げたときに、上体が反る。

右股関節の外旋をしてヒップファーストで投げるが、トップを作ったときに、腸腰筋が回り、右の骨盤が打者の正面を向くことがある。

トップを作る過程で右の踵が地面から外れて左肩が開き、左肘と並進しない。

左足はスパイクの内側から着地する。

各種指標

球種配分

球場別成績