リリーフ投手として復活が期待される岡田俊哉のピッチング

岡田俊哉は、クイックで、左足のスパイクの内側に重心をかけ、左股関節を二塁側に捻らずに、逆「く」の字を作ってステップ。

テイクバックは、投げる腕が背中に付くほどではないが、内旋するので、中村祐太同様、現代の投手としてはやや大きい。

ヒップファーストは、それほど極端ではない。

胸の張りは、まずまず大きいが、コックした(曲げた)左肘が三塁側に倒れる。

右足は、踵から着地する。

フィニッシュで右膝の壁が崩れて一塁側に重心が残るので、球離れが早い。