中日のセットアッパー候補ジョエリーロドリゲスのピッチング

ロドリゲスは、右膝をレッグダウンし、左股関節を外旋する。
ロドリゲスは、左足のスパイクの外側に重心をかけてステイバックする。
ロドリゲスは、テイクバックのときに、左腕を回内して左腕を背中に引く動作が大きい。テイクバックのときに左肩を右肩よりも下げる。
左肩関節の外転の段階で左膝が内に入る。

右足はスパイクの内側から着地する。
トップを作ったときに左股関節が外旋しかかり左膝が内に入る。

右肩は割れるが、右足のインステップが極端である。

左腕前腕部が回外し左肘が沈む。

故に、上体も下半身も横回転の使い方をする。
リリースの瞬間に右足は突っ張らない。

左腕上腕部が凹む
三塁側への体軸の倒れ方は、大きくない。