ヤクルトへ移籍して三年目,セリーグで初の3割をクリアした坂口智隆のバッティング

オープンスタンスで、ほぼ直立で構える。

予備動作は、コックを採り入れる。

投手がセットポジションを解いてレッグダウンして左足首の甲を本塁方向に向けたときに右膝をレッグアップする。

右膝のレッグアップの高さは骨盤より下。

投手が右肘をつまみ上げたとき、坂口は、レッグアップの高さがMaxになり、ヒッチの下げるを行い、右足の着地位置の探りとともにステイバックしていく。

ステイバックは大きくない。

頭は、骨盤の中心先にある。

ステイバックのときにヘッドが立つ。

左足のスパイクでエッジをかけて左足を前に運ぶ。