秋吉亮とのトレードでヤクルトに入団した高梨裕稔のピッチング

高梨裕稔は、左膝をレッグアップしながら右股関節を外旋、スパイクの外側に重心をかける。

レッグダウン後、右足内転筋の内旋はほとんどないが、右股関節を外旋、右足はアウトエッジのままで、左足を踏み出すと共に右足がインエッジ。

テイクバックでは右腕を背中の方には引かないが、上体と下半身で捻転差ができる。

右肘をつまみ上げたときに、左手は小指が上から親指が上に切り替わる。
左足はスパイクの内側から着地する。

右肩関節の外転のときに右足がつま先立ちになり右膝が内に入ってダブルプレーンになることがある。

右腕上腕部を外旋してトップを作ったときに右腕前腕部が回外して右肘が沈むが左足の着地かえあ右肘が出てくるまでの間は短いが、原因は左肩の開きが早いだけ。

リリースの瞬間に左足は突っ張らない。
リリースの瞬間に右腕上腕部が凹むことがある。

右腕前腕部の回外のときに右足を蹴る。