オープン戦広島2-5ソフトバンク,九里亜蓮5回3失点,守備の乱れもあってリードを広げられる。

ホークスとのオープン戦

先発は、ジョンスンに代わって九里、女の子みたいな名前のミランダちゃん。

試合経過

1回表

⑥田中広輔 インハイにストレート147キロが外れて四球

④菊池 アウトローのストレート145キロを打って一ゴロ

ミランダ ステップする前にヒールアップしてステイバック 外転のとき左膝が内に入る

カウント0-1から、アウトハイのストレート144キロ(ボール)

甲斐 ステップ幅が広い、左足はスパイクの外側から着地、トップは深く、右腕前腕部は回内できているが右肘の出が遅れる。

田中広輔が二盗に成功

⑦バティスタ スウェイ ヘッドアップ

インコースベルトの高さのストレート142キロを打って遊安

広島1-0ソフトバック

⑨鈴木 トップを作ったときヘッド立つ、ヘッドがボールの外側に入る。手首の下がりを抑える、インパクトの瞬間左足を突っ張ることができている(上体をステイバック)

インハイのストレート142キロを打って右中間塀直撃の二塁打

ミランダ リリースの瞬間に右足が突っ張ることができている。

③松山 アウトローにフォーク129キロをワンバンドさせて四球

ミランダ 外転のときに左膝が内に入る。左肘が上がっていかない、フォロースルーで両足をシャッフル。

⑧長野 トップが浅い。

アウトハイのストレート145キロを打って一邪飛

⑤安部 右膝の開きが早い、ヘッドアップ、手首を返す

インハイのストレート143キロを打って一ゴロ

1回裏

④牧原 スウェイ

インハイのチェンジアップを打って遊直

九里 トップを作ったとき、回外、右膝が内に入る。

⑥今宮 ヘッドがしなる、ヘッドがボールの外側

真ん中のシュート回転したボール145キロを打って中前安打、インパクトのとき左足突っ張る(上体ステイバック)

⑧柳田 インコースベルトの高さのツーシーム131キロが外れて四球

九里 外転前両肩M字 右膝が内に入る、コックした右肘を引いて両肩甲骨をぶつける

リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み、右肘が下がる。

Ⓓデスパイニ インコースベルトの高さのシュート140キロが外れ左膝に死球

九里 ダブルプレーン

③内川 左足の着地が遅れる、トップが浅い。

アウトコースベルトの高さのスライダー126キロを打って三飛

⑨上林 ステップ幅が広い、ヘッドアップ

インローのツーシーム131キロを打って遊ゴロ

2回表

②會澤 アウトハイのフォーク127キロが外れて左腕上腕部にかすり死球

ミランダ ステップ前に左股関節を外旋、ヒップファースト 外転のときに左膝が内に入る、リリースの瞬間に右足が突っ張り切らない、左肘が上がっていかない。

①九里 左足踵に重心、右足踵にも重心が残る。後ろ体重

アウトコースベルトの高さのチェンジアップを3バント失敗

⑥田中広輔 ステップ幅狭く、ヘッドがボールの外側

インコースベルトの高さのストレート142キロを右前安打

④菊池 トップが浅い、ヘッドが遅れる 壁作る

インコースベルトの高さのストレート140キロを打って左犠飛

広島2-0ソフトバンク

⑦バティスタ 振り下ろす直前にヘッドが寝る 泳ぐ

インコースベルトの高さのフォーク126キロを打って三ゴロ

2回裏

⑦グラシアル インローにシュート140キロが外れて四球

九里 外転のときに右膝が内に入る、ダブルプレーン、右肘が上がっていかない。

⑤松田 ヘッドがボールの下 手首を返す 打球にスライス回転がかかる

アウトコースベルトの高さのストレート143キロを打って三ゴロ

②甲斐 ヘッドを残す、ヘッドがボールの外側

アウトコースベルトの高さのカットボール136キロを打って右前安打

④牧原 ヘッドアップ 手首を返す

アウトハイのストレート141キロを打って二ゴロ

広島2-1ソフトバンク

⑥今宮 ヘッドアップ 右肘を抜きながら打つ。上体ステイバック

インコースベルトの高さのツーシーム141キロを打って左前安打

広島2-2ソフトバンク

九里 トップを作るのが遅れる。

⑧柳田 ヘッドをボールの外側に入れて打つ、壁を作る。

インローのチェンジアップ125キロを打って二ゴロ

3回表

⑨鈴木 スウェイ フルスイングできない。

アウトハイのフォーク128キロを空振り三振

③松山 スウェイ

真ん中のストレート144キロを打って遊直

⑧長野 スウェイ 左足の着地が遅れる。

真ん中高目のフォーク126キロを空振り三振

3回裏

Ⓓ栗原(右左) ヘッドアップ

インコースベルトの高さのフォークを打って投ゴロ

③内川 振り下ろし始めに右肩が下がる、左脇が空く、ヘッドが内→外

アウトコースベルトの高さのストレート144キロを打って右前安打

⑨上林 レッグアップが遅れる、ヘッドアップ

インハイのストレート142キロを打って三ゴロ

⑦グラシアル ヘッドアップ

アウトコースベルトの高さのストレート142キロを打って遊ゴロ

4回表

⑤安部 スウェイ

インハイのストレート141キロを打って右飛

②會澤 スウェイ ヘッドはボールの外

インコースベルトの高さのチェンジアップ126キロを打って三直

ミランダ 左股関節のタメがある。

①九里 踵体重

インコースベルトの高さのチェンジアップ129キロを空振り三振

4回裏

⑤松田 ステップ幅が広い、振り下ろし始めに右肩が下がる。

インコースベルトの高さのストレートを見逃し三振

②甲斐 インハイにストレート144キロが外れて四球

九里 外転のときに右膝が内に入る、ダブルプレーン

九里 67球目、トップを作るのが遅れる。

牧原 真ん中のチェンジアップ128キロをスイング

甲斐 盗塁成功

④牧原 踵体重、ヘッドアップ、壁作る

インコースベルトの高さのシュート143キロを打って三安

⑥今宮 スウェイ

アウトコースベルトの高さのスライダー124キロを打って遊併打

5回表

⑥田中広輔 インローのストレート142キロを打って一ゴロ

④菊池 真ん中のストレート144キロを打って右前安打

⑦バティスタ トップを入れ直す ヘッドアップ

アウトハイのストレート141キロのストレートを打って三ゴロ

ミランダ 外転のときに左膝が内に入る。

⑨鈴木 スウェイ トップが浅い。

インハイのチェンジップ128キロを打って左飛

5回裏

⑧柳田 ステイバック、ヘッドが立つ、エッジをかける ボールの外側を縦に擦る、バナナカーブ、ヘッドステイバック、打球にスライス回転がかかる。

九里 外転のとき、右膝が内に入る。右肘が上がっていかない

アウトハイのストレート143キロを右翼席に本塁打

広島2-3ソフトバンク

Ⓓ栗原(右左) ヘッドが内→外

インコースベルトの高さのシュート142キロを打って中前安打

③内川 左足の着地が遅れる、スイングがシンクロ

真ん中のスライダー124キロを打って捕飛

⑨上林 後ろ体重空振り、ヘッドアップ 壁を作る。

真ん中低目のフォーク131キロを打って右飛

⑦福田秀平 踵体重

真ん中低目のフォーク130キロを空振り三振

6回表

川原(左左)が登板

Ⓗ堂林 ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打つ

真ん中のストレート152キロを打って左前安打

川原 テイクバックのとき回内、左股関節を引っ込めるが、背中の方に左腕は入らない、スパイクの外側に重心。 トップを作ったとき回内、左股関節にタメがある。

リリースの瞬間に右足が突っ張らない。

⑧長野 ヘッドアップ
アウトコースベルトの高さのストレート152キロを打って二併打

Ⓗ髙橋大樹 スウェイ ヘッドアップ

インコースベルトの高さのスライダー137キロを打って三ゴロ

6回裏

⑤松田 ヘッドアップ

真ん中のツーシーム156キロを打って投ゴロ

②甲斐 インハイにツーシーム155キロがシュート回転して左手首に当たり死球

ヘルウェグ 外転前に右膝が内に入る、体軸が三塁側に傾く、ダブルプレーン

④牧原 ヘッドがボールの下、手首を返す、打球にスライス回転がかかる

アウトコースベルトの高さのパワーカーブ130キロを打って二ゴロ

⑥今宮 アウトコースベルトの高さにシュート回転したツーシーム154キロが外れて四球

ヘルウェグ ダブルプレーン、手首が寝る。

⑧釜元(右左) トップが深い、左足の拇指球で地面を蹴って左股関節を内旋 ヘッドがボールの外側に入る。

インハイにシュート回転したツーシーム154キロを打って左前安打

広島2-4ソフトバンク

ヘルウェグ 腰投げ ダブルプレーン

Ⓓ栗原 踵体重

アウトローのパワーカーブ132キロを空振り三振

7回表

②會澤 インハイのストレート145キロを打って中前安打

小窪への2球目の後、髙谷 左足のスパイクの内側から着地、外転前、コックした右肘を本塁側に引いて両肩甲骨をぶつけて肩甲骨の稼働域を広げる

代走小園 牽制死

⑤小窪 インローのチェンジアップ133キロを空振り三振

⑥田中広輔 インハイにストレート142キロが外れて四球

モイネロ 外転のときに左膝が内入り、左肘が上がっていかない。ダブルプレーン

④菊池 アウトローにストレート139キロをワンバウンドさせて四球

モイネロ テイクバックのときに左肩を右肩より下げる。外転のし始めに左膝が内に入る、コックした左肘を引いて両肩甲骨をぶつける。

回外して左肘が沈む。

ボールを頭の横でリリース(上方のみ0ポジション)、リリースの瞬間に右足が突っ張れている。手首が寝る。

⑦バティスタ トップを入れ直す、振り下ろす直前にヘッドが寝る、スウェイ 左足の着地遅れる トップが浅い

インハイのチェンジアップ132キロを打って中飛

7回裏

③内川 振り下ろす直前にヘッドが寝る、スライス回転

インコースベルトの高さのカットボール133キロを打って左前安打

小園が捕球できない。

⑨上林 アウトハイにストレート143キロが外れて四球

福田秀平(右左) ヘッドがボールの内側 小飛球

インコースベルトの高さのフォーク136キロを3バント失敗

中田 テイクバックのときに右肩を左肩よりも下げる。

⑤松田 インローにカットボール133キロが外れて四球

外転のとき右膝が内に入る、リリースの瞬間に左足が突っ張らない、手首が寝る。

Ⓗ川島 左肘が上がる、ヘッドがボールの内側に入る。

中田 外転のときに右膝が内に入る。

アウトハイのカットボール133キロを打って一ゴロ

坂倉 トップを作ったときに右腕前腕部が回内でき、左足もスパイクの内側から着地できている。

しかし、ステップ幅が広い。

右肘の出が遅れ手首が寝る。

坂倉の一塁への送球が逸れる。

広島2-5ソフトバンク

④牧原 ヘッドアップ
真ん中のスライダー122キロを打って三ゴロ

8回表

投手 加治屋 捕手栗原(DH解除)

⑨鈴木 左足の着地とスイングがシンクロ

真ん中高目のストレート145キロを打って三飛

③堂林 ヘッドがボールの内側 ヘッドアップ

アウトコースベルトの高さのストレート145キロを打って二ゴロ

②坂倉 踵体重

アウトローのフォーク139キロを空振り三振

8回裏

⑥今宮 ヘッドをボールの外側に入れて打つ、手首の下がりを抑える。

アウトコースベルトの高さのストレート144キロを打って左前安打

⑧釜元 右肘を抜くのが早い、レベルスイング

真ん中高目のストレート146キロを空振り三振

②栗原 スウェイ ヘッドをボールの外側に入れる、壁を作る。

真ん中低目のフォーク138キロを中前安打

③髙田(右左) 踵体重

インコースベルトの高さのフォーク147キロを空振り三振

9回表

Ⓗ髙橋大樹 振り下ろす直前にヘッドが寝る、ヘッドがボールの内側に入る

アウトコースベルトの高さのカットボール146キロを打って二飛

森 地面と平行になるぐらい一塁側に上体をタンブル

⑥小園 探りのときステイバック、振り始める直前のステイバックの大きいところは王貞治のよう。

改めて小園はレベルスインガーではなく、ホームランバッターなんだなと認識。

踵体重、振り下ろし始めに左肩が下がる、ヘッドアップ

アウトコースベルトの高さのカットボール144キロを打って三ゴロ

森 左膝の壁が崩れる。

⑥小窪 アウトコースベルトの高さのストレート146キロを打って中前安打

④曽根 スウェイ、右膝の開きが早い、ヘッドはボールの外側

アウトハイのカットボール142キロを打って一ゴロ

まとめ

九里は、良くも悪くも昨シーズン並みの出来。

ダブルプレーンが多いが、上体のタンブル、右足のターンは比較的良く出来ている。

ローレンスよりも九里の方が実力は上であることが再確認できた。

九里は先発ローテーション入りするのだからバント練習が必要。

坂倉は、送球面に課題を残した。

失敗はどんどんしていい、失敗したら動画で解析することが大切

小園の牽制死は、二軍で学ぶことではなく、一軍でも学ぶことができる。

打者の振りに応じての打球の軌道との距離の取り方は、小園は打撃のメカニズムを知っているので同じ失敗はしないだろう。