Max158キロを記録したエドウィンエスコバーのピッチング

エスコバーは、フィニッシュで左足を三塁側にターンして投げるが、右膝を上げたとき、左拇指球に重心がかかり、左踵にも重心が残るが、浮いている。

左股関節の外旋なしでステップ、トップを作る過程で左股関節と腸腰筋の外旋はないが、左膝が前に伸び、左踵が浮いていた。

エスコバーは、左腕上腕部を外旋しトップを作ったときに、、左肘が背中の側に入り、左腕前腕部が回外して右肘が沈んでいる。

左腸腰筋が外旋し、左膝が内に入る。

右肩が開き、右足はインステップしている。

トップを完成させない内に右肘を推進させる。

リリースの瞬間に右足が突っ張っていない

リリースの瞬間に左腕上腕部が凹むことがある。