ヤクルトの先発ローテーション入りが期待される高橋奎二のピッチング

左足の踵に重心をかけ、腱を伸ばして左股関節を外旋してから右膝をレッグアップ(二段モーションのときは、二回目のレッグダウンの後に更に外旋)、レッグダウウンをして右足をステップする。

クイックで投げるときは、左股関節の外旋をしない。

右足を踏み出すとき、左膝がタイトに曲がり、前に倒れる。

テイクバックのときに、左股関節を大きく引く。

テイクバックのときに左腕上腕部を内旋して左腕前腕部を回内して左肘が伸びるアーム式の投げ方に近い。

テイクバックのとき、両肩が水平になっており、左肩関節の外転の前に左肩を右肩より下げる。

左肩関節の外転のときに、コックした左肘を三塁側に引いて両肩甲骨をぶつける。

左膝が内に入る。

右足を蹴り戻してから左足の着地位置を探り、右足の着地位置の探りは短くない。

右足は踵から着地する。

右足がインステップするが、右股関節を俊敏に外旋し、インステップのままリリースをしない。

右足の着地から左肘が出てくるまでに間がある。

リリースの瞬間に右足が突っ張らず、垂直に曲がっているので瞬発力が下半身に吸収されてしまう。

体軸はホームベース方向と三塁側の間に倒れる。

地面と平行になるぐらい倒れる。

左足は、左腕前腕部を回外するときに地面を蹴る。

左足を一塁側に着地させてフォロースルーを止めるときと左足を三塁側にターンさせるときとがある。