オープン戦広島3-2オリックス。鈴木誠也、吉田正尚がアーチ競演

確か、俺が野球を始めた頃だから、小学3年生の頃だったと思う。

同じクラスに一輪車が上手な浅黒いサル顔の女の子がいた。

さっとライターを差し出すキャバ嬢のように気の利くコで、少しサディスティックなところはあったが、言い換えれば子供らしくないコで生徒会の役員なんかをやっていた。

そのコは全く手のかからないコで、男子にいじめられて泣きそうになったのを一度見たことがあったが、他の小学生みたいに声を挙げて泣いたり怒ったりしているのを俺は見たことなかった。

でも、そのコは、上履きと靴下を脱いで裸足で授業を受けてることが何度かあったのだ。

更に、しばらくして、音楽の授業で幼児でも弾けるような曲をリコーダーで集団で吹くという授業があったのだが、女子で吹けないのはそいつ一人だけで、教師に手取り足取り指導されているところを俺は目撃した。

それを見て俺は、見た目は賢そうだけど”実はコイツ頭が悪いんじゃねえか”と思い始めていた。

俺らの小学校(公立)は、1時限目が始まる前に、男子は、私服から体操着の半袖短パン、女子は、半袖ブルマ、5,6年生は上下ジャージに同じ教室で着替えさせられ、一日それで過ごさせられた。

更衣室はあるけど、プールの着替えも男女同じ教室。

これも今ではありえへん話だが、昭和の小学生は、身体測定は、男子は、上半身時裸でパンツ一枚(5,6年生は上半身裸に短パンだったと思う)、女子は、キャミソールにパンツにさせられ、同じ部屋で行われていた。

小学3年生にもなれば、男子でもプールの着替えでもフルチンで着替える奴が一部いるだけ。

しかし、学年末の丁度今頃行われた身体測定のとき、そのコは、ケラケラ笑いながらキャミとブルマを脱ぎ、パンツまで抜き取って真っ裸になってピョンピョン飛び跳ね始めたのだ。

「早く服を着なさい」という担任(女)に、そのコは、キーキー甲高い声を挙げて号泣しながら抵抗。

担任とつかみ合いになってそのコは転倒し、大開脚してしまい、ションベンすることころ、マンコから肛門まで穴という穴は全て丸見えになった。

“やっぱ、コイツ、池沼だったんだ”

俺の通っていた小学校は、軽度であると評価されれば通うこともできるるのだが、4月になって新学期になるとそのコは小学校に現れなかった。

俺は、そのコが養護学校に転校させられたものだとずっと思っていた。

数年後、スタイリッシュな高校の制服を着た彼女を見た。

可哀相に、やっぱ、AVの世界に入れられて簡単に言いくるめられちゃったんだぁ・・・

※全てノンフィクションです。

お前の小学生の頃の話なんか書く暇があったら、とっとと野球の記事を書き終えろよって話になるので、野球の話に移ろう。

abstruct

最近、プロ野球関係の諸制度を見ると、試合時間を短く評価しようと牧羊犬に煽らせている奴等がいるね。

中でも、投球間のインターバルを取るなってのは、労働の強化だからね。

時間という概念をフィクションして、労働時間(野球で言うと試合時間)を短く評価して賃金を搾る、これは、ユダヤ金融資本の仕業だね。

さて、2019年オープン戦広島対オリックス1回戦

先発は、床田と山本由伸

床田は、右足の着地から左肘が出てくるまでの間が短くなったところは、進歩したところ。

投球によっては、0ポジションができているだけに、投球動作の一部に勿体ない部分があるのだ。

しかし、トップを作ったときに、左腕上腕部の外旋よりも先に左の股関節が内旋して右膝が内に入ってしまっているから、打者に骨盤の左側、左股関節を体軸で隠せていない。

打者は、トップを作ってから間を作ることができる。

リリースの瞬間に右膝が曲がり、右足がインステップしたまま重心がスパイクの外側に移っているから、O脚になってしまい、体軸が横回転になる。

瞬発力も下半身に吸収されてしまっている。

右膝が割れていけないのはトップを作ったときまでで、その後は、右の股関節を外旋して右膝を開いていかないといけない。

フォロースルーのときに上体が斜め前に倒れてしまい、三塁側に倒れていかない。

吉田は、右の内転筋を絞って(右股関節の内旋)右膝で「く」の字を作って左股関節のタメを作る。

頭は前に出されているが、上体はステイバックできている。

只、もっと右肩を下げて、左肘をコックして後ろに張り出して左脇を空けた方が骨盤の稼働域を広く使えるので左肘がスムーズに出ていく。

左肘を推進し、右膝と右肘を並進させる。

前の画で振り下ろし始めに左肩が下がるが、右肘を抜かずに右肩を残している。

俗に言う「ヘッドのしなり」ができている。

左股関節を内旋して左膝を内に入れて左足の親指、人差指、中指で地面を蹴って軸足を右足に移すのでミートの瞬間に右足を突っ張って壁を作れている。

ミートの瞬間に両肘を曲げている。

フォロースルーの過程で右足のスパイクの外側→踵へと重心を移し、バナナカーブの大きさも尋常でないし、ヘッドステイバックも外国人並み。

フォロースルーも頭の上を通過して背中につくぐらい大きい。

広島ファンなのに、すっかり吉田のバッティングに魅入ってしまったよ。

鈴木誠也は、骨盤を前傾させてステイバック、コックした右肘を捕手側に張り出して右脇を空ける。ヘッドも立っている。ステップ幅も狭い。

右肘先行のインサイドアウト、俗に言うヘッドのしなりを作る。

右股関節を内旋して右膝を内に入れて左足に軸足を移してミート、フォロースルー。

どちらも完璧なバッティングとまではいかなが、甲乙つけ難い素晴らしいバッティングだ。

試合の方は、鈴木誠也の本塁打で3-2で広島が逆転勝ちした。

試合経過

1回表

⑥田中広輔

泳ぐ。ヘッドをボールの外に引っ掛けて打つ。

アウトコースのベルトの高さのフォークを打って一ゴロ

山本由伸

右腕前腕部を回内するが、テイクバックが横に大きい。

テイクバックのときに右肩が上がるが、右肘をつまみ上げる直前に一度右肩を下げる。

トップを作ったときに、右肘前腕部が回外し、右肘が沈む。

左肩、左膝が開く。

左足を着地してから右肘が出てくるまでの間が短い。

リリースの瞬間に左足が突っ張る。

④菊池涼介

ヘッドがボールの下に入ってスライス回転のゴロ。

アウトローのストレート145キロを打って三ゴロ

⑦坂倉

スウェイ スライス回転のゴロ

真ん中高目のフォーク139キロを打って投ゴロ

1回裏

④安達

ヘッドをボールの外に入れて引っ掛けて打つ。

インコースベルトの高さのストレート140キロを打って三ゴロ

⑧西浦颯大

スウェイ、ヘッドが遅れて出る、打球にスライス回転がかかる。

真ん中低目のストレートを打って左飛

③メネセス(右右)

ステップ狭い、バナナカーブ、ヘッドがボールの外側に入る、打球にややスライス回転がかかる。

アウトコースのベルトの高さのスライダー130キロを打って左前安打

⑦吉田正尚

詳細は、前述。

真ん中高目のストレート139キロを打って右翼席ポール際に本塁打

⑤頓宮(とんぐう)

左足の着地が遅れる。打球にスライス回転がかかる。

アウトコースのベルトの高さのスライダー128キロを打って捕邪飛

2回表

小林慶祐(右右)に投手交代

⑨鈴木誠也

スウェイ、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つ。

アウトローのストレートを打って遊ゴロ

ⒹⒽ松山

スウェイ 振り下ろす直前にヘッドが寝る。

ヘッドがボールの内側に入る。

インハイのストレートを打って三ゴロ

③バティスタ

スウェイ、ヘッドが遅れる。ヘッドがボールの外側に入る。

アウトコースのベルトの高さのストレートを打って遊ゴロ

2回裏

Ⓓマレーロ

コックした右肘を後方に張り出す。

ヘッドをボールの外に引っ掛けて打つ。 ヘッドアップ

左肘が上がり、左脇が空く。バナナカーブ

真ん中のストレートを打って三ゴロ

床田 右膝の壁が崩れる。

⑨杉本(右右)

振り下ろし始めに左肩が下がる。

バナナカーブができるが、ヘッドアップ

アウトローのストレート129キロを打って左飛

床田 右膝の壁が崩れる。

②伏見(右右)

スウェイ、ヘッドがボールの外側に入る。

インローのフォークを打って遊ゴロ

3回表

⑧野間

踵体重、トップが浅い、ヘッドは立つ、左足でかけるブレーキが長い、ヘッドがボールの内側に入る。

インハイのストレート141キロを打って遊ゴロ

⑤堂林

コックした右肘が後ろに張り、右脇が開く○

左肩が内に入る。×

振り下ろす直前にヘッドが寝ない○

重心が右足に残る⊖

アウトコースのベルトの高さのストレート146キロを空振り三振

小林慶祐

左膝をレッグダウンするときに右股関節を外旋、上体と右足で「く」の字を作ってステイバック。

テイクバックのときに右肩を下げる。

リリースの瞬間に左足が突っ張る。

一塁側に上体をタンブルし、右足を一塁側にターン

②石原

スウェイ ヘッドが遅れる

アウトコースのベルトの高さのストレート141キロを打って中前安打

⑥田中広輔

右肩が内に入る、ヘッドが遅れて出る。

真ん中低目のフォーク130キロを空振り三振

3回裏

⑥大城滉二

ステップ幅は狭い。ヘッドアップする。

アウトコースベルトの高さのストレート138キロを打って遊ゴロ

④安達

左肩が内に入る。ヘッドが遅れて出る。

アウトコースベルトの高さのカーブを空振り三振

床田

リリースの瞬間に右足が突っ張らない。

右膝の壁が崩れる。

⑧西浦颯大

右肩が内に入る。上体がベースに被さる。ヘッドが出てこない。

アウトコースベルトの高さのストレート138キロを見逃し三振

4回表

④菊池

踵体重 壁を作って打つ。

アウトローのフォーク131キロを打って遊ゴロ

⑦坂倉

踵体重 ヘッドアップする。

アウトコースベルトの高さのフォークを打って二ゴロ

⑨鈴木誠也

左足の着地が遅れる。ヘッドが遅れる。

真ん中のストレートを打って一飛

4回裏

③メネセス(右右)

左肩が内に入る。 振り下ろし始めに右肩が下がる。

インハイのフォーク124キロを見逃し三振

⑦吉田正尚

ステップ幅が広く、フルスイングできない。

アウトローのストレート143キロが外れて四球

⑤頓宮

探りとスイングがシンクロ。ヘッドがボールの内側に入る。

真ん中のストレート138キロを打って二併打

5回表

ⒹⒽ松山

スウェイ。ヘッドが遅れる。

アウトローのカーブ108キロを空振り三振

③バティスタ

スウェイ。ヘッドアップ

真ん中のストレートを打って三ゴロ

⑧野間

ステップ幅が広く、フルスイングできない。

インコースベルトの高さのストレート142キロを見逃し三振

5回裏

Ⓓマレーロ

左肩が内に入る。ステップ幅は狭い。ステイバックし割れを作る。

振り下ろし始めに右肩が下がる。マレーロは、レベルスイングではないよ。

左足が突っ張るが、重心が後ろに残る。

ヘッドがボールの内に入り、打球にスライス回転がかかる。

真ん中のスライダー133キロを打って右前安打

床田 トップを作ったとき左腕前腕部が回外、右膝の壁が崩れる。

⑨杉本(右右)

ステップ幅は狭い。 骨盤の右側に頭が乗る。ヘッドがボールの内側に入る。

アウトコースベルトの高さのスライダー135キロを打って二飛

②伏見

左肩が内に入る。振り下ろす直前にヘッドが寝る。

真ん中高目にスライダー133キロが外れて四球

床田 トップを作る過程で左膝が内に入る。

左肘の出が遅れる。

⑥大城滉二

スウェイ、ヘッドアップする。

真ん中のストレートを打って遊併打

6回表

⑤堂林

インローのフォーク131キロを空振り三振

②石原

アウトコースベルトの高さのストレートを打って左飛

⑥田中広輔

スウェイ、振り下ろし始めに左肩が下がり、右肘が上がる。ヘッドアップ ヘッドステイバック

真ん中高目のカーブ108キロを打って投ゴロ

6回裏

一岡に投手交代

④安達

ヘッドが立つが、トップが浅い。ヘッドがボールの内に入る。打球にスライス回転がかかる。

アウトハイのストレートを打って右飛

⑧西浦颯大

右足の着地とスイングがシンクロ

アウトコースベルトの高さのストレート142キロを打って遊ゴロ

③メネセス(右右)

左肩が内に入る。ヘッドが遅れる。バナナカーブを作る、ヘッドステイバック

真ん中高目のストレートを打って中前安打

⑨後藤駿太

踵体重

インコースベルトの高さのフォークを空振り三振

一岡 シーズン中よりテイクバックが横に大きい。左膝と左肘が推進。トップは深い。

7回表

④菊池

ステイバックのときにヘッドが立つ、ステップ幅は狭い。手首の下がりを抑える。

真ん中のストレート135キロを打って右前安打

⑦坂倉

スウェイ、バナナカーブを作る。ヘッドアップ。

アウトハイのスライダー117キロを打って一ゴロ

ファーストがこれをファンブル

⑨鈴木誠也

真ん中高目のストレートを左翼席に本塁打

やや泳ぐ、打ち方は前述

小林慶祐 テイクバックのとき、右腕前腕部を回内、アーム式、テイクバックが横に大きい。

右肘をつまみ上げる直前に右肩を下げる。

トップを作ったときに、右膝が内に入り、左肩、左膝が割れる。

右腕前腕部が回外

左足の着地から右肘が出てくるまでの間が短い。

Ⓗ長野

スウェイ、左足の着地位置の探りが前に大きい。左足の着地が遅れる。ヘッドが遅れる。

真ん中のストレートを空振り三振

③バティスタ

左足の着地が遅れる。振り下ろす直前にヘッドが寝る、ヘッドがボールの内側に入る。

真ん中高目のスライダーを打って一飛

山﨑福也に投手交代

⑧西川龍馬

踵体重

アウトコースベルトの高さのカットボール134キロを打って三邪飛

7回裏

中﨑に投手交代

⑤頓宮

アウトローのストレートを見逃し三振

Ⓓマレーロ

コックした右肘が後ろに張り、右脇が空く〇、左足の着地が遅れる×、振り下ろし始めに右肩が下がる⊖ 始動(レッグアップ)

アウトローのスライダー133キロを空振り三振

中﨑 左足内転筋を絞って「く」の字を作ってステイバック

リリースの瞬間に左足が突っ張る。

⑨杉本(右右)

ヘッドが立つが、頭が前に出される。左肩が内に入る。ステップ幅が広くフルスイングできない。

アウトローにストレート140キロが外れて四球

中﨑 テイクバックのときに右肩を下げる。

ⒽT-岡田

踵体重

インローのシュートを空振り三振

8回表

⑤堂林

左肩が内に入る。ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つがヘッドアップ。

インコースベルトの高さのチェンジアップ123キロを空振り三振

山﨑福也 リリースの瞬間、右膝が曲がっている。×

⑥小園

スウェイ、ヘッドアップ。ヘッドはボールの外側に入っている。

真ん中のストレート134キロを打って遊ゴロ

②白濱

踵体重、スウェイする。

インコースベルトの高さのチェンジアップ121キロを打って遊ゴロ

8回裏

島内颯太郎に投手交代

⑥大城滉二

左肩が内に入る。ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、ヘッドアップ。

真ん中高目のストレート149キロを打って中前安打

④福田周平(右左)

レッグアップが遅れる、右肩が内に入り、トップが浅い、ヘッドが出ない。

アウトコースベルトの高さのストレート147キロを見逃し三振

島内 テイクバックのときに右肩を下げて縦回転を作る。

⑧西浦颯大

スウェイ、ヘッドが遅れる。

真ん中のストレートを打って左飛

9回表

④曽根

骨盤を前傾させて立つ〇、ヘッドをホームベースの方に倒す⊖、踵体重⊖、グリップからヘッドまでが体軸と平行のインサイドアウト(賛否両論ー賛は空振りが減る、否はトップハンドの肘先行でないと速い球に遅れる。差されてバットの根っこに当たる。尤も、曽根は左肘の出は遅れていない)、手首の下がりを抑える〇

真ん中のストレートを打って右中間に三塁打

⑦坂倉

ヘッドアップ

真ん中のカットボールを打って二ゴロ

③安部

インローのチェンジアップ122キロを空振り三振

Ⓓ長野

コックした右肘を後ろに張り、右脇が空く。

インローのストレート141キロが右ふくらはぎに当たり、死球

山﨑福也 左膝が内に入り、トップを作り切らない内に左肘を推進

リリースの瞬間に右足が突っ張らず、右足のスパイクの外側に重心がかかり、右膝の壁が崩れる。

左肘が下がる。

⑨正隨

スウェイ、振り下ろし始めに右肩が下がり、腰が伸びる。

インハイのチェンジアップを打って左飛

9回裏

⑦佐野皓大(右両)(左打席)

踵体重、トップは深いが、振り下ろす直前にヘッドが寝る。

ヘッドが遅れる。

インハイのストレートを空振り三振

Ⓗ小島脩平(右左)

スウェイ、振り下ろす直前にヘッドが寝る。体軸とグリップ~ヘッドが平行、バナナカーブができる、ヘッドは辛うじてボールの外側に入る。

ヘッドアップする。

真ん中高目のストレートを打って中前安打

⑤頓宮

初球(島内の通算23球目)、インコースベルトの高さのストレート145キロを、振り下ろす直前にヘッドが寝る。フルスイングできない。

小田が二盗失敗

27球目、頓宮 スウェイ、左膝の開きが早い。ヘッドが遅れるが壁作る。

27球目、アウトローのスライダー129キロを左前安打

Ⓗ白崎(右右)

インハイにストレート148キロが外れて死球

島内 トップを作ったときに右膝が内に入り、右腕前腕部が回外し、右肘が沈む。

右肘の出が遅れる。

Ⓗ宮﨑祐樹(右右)

頭が前に出される。左足の着地が遅れる。

真ん中高目のストレート151キロを空振り三振

島内 クイックのとき、右股関節の外旋なし。トップを作ったときに右膝が内に入る。

右肘前腕部が回外