かつての次期エース候補宮國椋丞のピッチング

宮國は、右足踵に重心をかけ、二回目に左膝を上げたときに右股関節を外旋してから、左膝を内入れして下し、「く」の字を作ってステップ。

右逆L字を経て右肘をつまみ上げ、トップを作る過程で、右股関節、腸腰筋は内旋しておらず、左肩が内旋でき、左膝も開いていない。

トップを作る過程で、右股関節が開き、左肩が開くことがある。

フィニッシュで三塁側に重心が残る。