先発ローテーションに復帰した井納翔一のピッチング

動作解析

左膝をレッグアップしたときに、右股関節を外旋する。

クイックで投げるときも、右股関節を外旋してからステップする。

テイクバックのとき、右腕前腕部を回内しているが、右腕を背中の側に引くのでテイクバックは横に大きい。

右肩関節の外転のとき、右膝が内に入る。

コックした右肘を背中側に引くが、両肩甲骨の接近は小さく、体軸が三塁側に傾く。

左膝が割れる。

右腕上腕部を外旋する前は、右腕前腕部を回内している。

右腕前腕部が回外して左肩、左膝が割れることもある。

左膝を「く」の字に曲げて左足の着地位置を探るが、探りは短くも長くもない。

左肘と左膝が並進できていることもある。

左足は、スパイクの内側の踵から着地する。

左足の着地から右肘が出てくるまでに間がある。

右腕前腕部の回内のとき、ダブルプレーンになることがある。

右足のターンが遠回りし、右足を三塁側に着地させる。

フィニッシュで右手が頭の位置にくるのでフォロースルーが大きい。

各種指標