先発に再転向する澤村拓一のピッチング

2011年、5完投を含む11勝11敗、防御率2.03、174奪三振、WHIP0.97の成績を収め、新人王に選ばれた。

2015年クローザーに転向、2016年に37セーブを挙げて、最多セーブ王になる。

2018年は肩の故障から復帰して中継ぎで登板を重ねたが、夏場以降は安定せずに防御率は4点台後半と完全復活とはならなかった。

動作解析

かつてはオーバーハンド、現在はスリークォーター

澤村は、右足踵に重心を残して、拇指球に重心移動。右踵が浮く。

右肘が逆L字になったとき、右踵が浮く。

右肘をつまみ上げたときに、左肩が開く。

左膝と左肘は並進しない。

故に、フォークを投げるときにボールを引っ掛けたり、右肘がロックされて高目に外れる。

胸の張りは大きいが、フォークを投げるときに打者の正面に胸を向けることがある。

左足は、スパイクの内側の踵から着地に入るので、右肘、トップの位置も高く再現できる。

そこから、右肩を地面にぶつけるようにして投げる。

左足はインステップするので左膝の開きの幅が大きくなる。

フィニッシュで三塁側に重心を残す。

股間から下が台形になっている。

逆L、M字になるので、右肩、右肘は、損耗しており、今後も再発し得る。

各種指標

球種配分

球場別成績