ヤクルトスワローズに復帰した五十嵐亮太のピッチング

五十嵐は、左足内転筋を内旋し、右股関節を外旋し、スパイクの外側でエッジをかける。

テイクバックのときに右肩を左肩よりも下げる。

右肘をつまみ上げたときにスパイクの内側でエッジをかける。

左手は親指が上だが左腕上腕部の内旋はできている。

左足はスパイクの内側の踵から着地する。

左足の着地から右肘が出てくるまでの間は短い部類に入る。

リリースの瞬間に左足は突っ張らない。

右腕前腕部の回外のときに右足を蹴る。