髙橋遥人のピッチング

左足の踵に重心をかけて、右膝を上げ、左股関節を外旋、右膝を内入れして一瞬、逆「く」の字を作って右膝を落とす。

髙橋遥人は、左肘をつまみ上げたとき、トップを作る過程で、左の股関節、腸腰筋が外旋せずに、アマチュアの頃よりも、左腕のトップの位置が高く、三塁側に回転軸を傾けて投げられている。

左肘をつまみ上げたときに、両肩がM字になる。

髙橋遥人は、トップを作る過程で、コックした左肘が沈んで、左肘の出が腸腰筋が内旋しながら出てくることがある。

トップを作ったときに右股関節が内旋し、右肩が開く。