高木京介のピッチング

左股関節を外旋し、左足はアウトエッジで右足内転筋を内旋する。右足内転筋の内旋が足りないこともある。

左肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかる。左足はインエッジで小指球を支点に左膝が内に入る。右足は左足のスパイクの内側の踵から着地する。

リリースの瞬間に右足がo脚になる。