阪神の変則投手青柳晃洋のピッチング

青柳は、右肩を左肩よりも上げ、テイクバックのときに背中の方に右腕を引かない。

左足を踏み出す前は右足はアウトエッジ。

右肩関節の外転のときに小指球を支点に右膝が内に入る。

体軸が三塁側に傾き、左肩が開く

左足はスパイクの内側から着地する。

リリースの瞬間に打者と両胸、骨盤が正対する。

体軸の倒れ方は本塁方向でコッキングの角度はサイドハンド寄りのスリークウォーターであり、アンダーハンドではない。

リリースの瞬間に左足が突っ張らない。

右足を三塁側に着地させる。

各種指標

球種配分

球場別成績