鍬原拓也のピッチング

鍬原は、右足踵に重心をかけて右股関節を外旋して左膝を上げる。

左足は踵から着地し、左肩、左膝の割れに遅れて右肘が出る。

右足を一塁側にターンさせてフォロースルーするときよりも、右足を三塁側に着地させてフォロースルーを止めることの方が多い。