田中健二朗のピッチング

2100年9月15日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)で一軍初先発、一軍初勝利を挙げた。
2015年2年連続で公式戦の開幕を一軍で迎えると、山崎康晃につなぐセットアッパーを務める。
2016年開幕からフルシーズン一軍に帯同。登板試合数(61)、ホールド数(23)で自己最高の成績を残す。

動作解析

田中健二朗は、スパイクの外側に重心をかけて左股関節を外旋して、又は外旋なしで、右膝を上げる。

右足が踵から着地し、左足を一塁側に着地させてフォロースルーを止める。

各種指標

球種配分

球場別成績