故障からの復帰が期待される鈴木翔太のピッチング

2016年春季キャンプの直後から胸椎のヘルニア、左脇腹、右肩痛を相次いで故障。

2017年5月9日、対横浜DeNAベイスターズ7回戦(長良川球場)で、5回2/3を2失点、プロ初勝利を挙げ、この年5勝する。

2018年11月の右手血行障害の手術

動作解析

鈴木翔太は、ワインドアップから右足に重心をかけて右股関節を内旋し左膝をレッグアップする。

上体が一塁側に反る。

右足拇指球に重心を移して左足を踏み出す。

左足は、スパイクの内側の踵から着地する。

リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み、右肘が下がることがある。

右足を三塁側に着地させてフォロースルーを止める。

各種指標

球種配分

球場別成績