平田真吾のピッチング

2014年プロ入り2試合目の登板となった読売ジャイアンツ戦で1死満塁を作り、降板。1イニング10失点を喫する要因となった。
2015年6月6日、プロ野球史上17人目となる1イニング4奪三振を記録した。
2017年ロングリリーフを中心に自己最多の33試合に登板した。

動作解析

平田は、右股関節の外旋をしてから(クイックのときには、このプロセスは無い)、「く」の字を作ってステップする。

2段モーションで投げることがある。

右足の一塁側でのターンをしているときと、三塁側に重心が残ることがある。

各種指標

球種配分

球場別成績