尾仲祐哉のピッチング

尾仲は、右足踵に重心を置いて、右股関節を外旋して左膝を上げる。

トップを作ったときに、右股関節が外旋して左肩、左膝が開く。

左足は踵着地だが、右肘が伸びてトップの位置が下がる。

フィニッシュで三塁側に重心が残る。