三ツ間卓也のピッチング

三ツ間は、「く」の字を作ったとき、右股関節を外旋して右足のスパイクの外側でエッジをかけ、左足内転筋を内旋する。

右肘をつまみ上げたときに右足がインエッジ、右膝が内に入り体軸が三塁側に傾く。

右足はスパイクの外側の踵から着地する。

左手は親指が上で左肩、左膝が開く。

右足を三塁側に着地させる。