外国人最多ホールド記録を達成したスコットマシスンのピッチング

マシスンは、右足踵に重心を残して、左膝を上げて、二塁方向への股関節の外旋はわずかである。

フットファーストで、トップを作ったときに右足は拇指球で立ち、右股関節が外旋し始めることがある。

左肩が開き、左膝と並進しない。

左足は、スパイクの内側全体で着地する。

ボールが頭に完全に隠れておらず、

打者の正面に胸を向けることがある。

右腕を内旋したときに左膝の壁が崩れる。

球速表示は、ハイスコアが出ていても、ボールに瞬発力が伝わらないことがある。

各種指標

球種配分

球場別成績