2018日本シリーズ、広島vsソフトバンク第5戦。柳田悠岐がサヨナラ本塁打を放ち、ソフトバンクがリーチをかける。

ソフトバンクは、セリーグよりもレベルの高いパリーグで82勝したチーム。

ハイレベルなチーム状態を継続反復できる強いいチーム。

一瞬の強さでしかない2017年のDeNAとは比較にならない別格の強いチームであることは戦う前からわかりきっている。

俺は、岡田とフランスアを全試合1イニングずつ投げさせれば4勝2敗で日本シリーズを勝てると書いた。

しかし、日本シリーズにそこまで価値を付していないからそれはやるなと書いた。

日本シリーズは、特定の選手を酷使することなく、練習台として試合に臨み、来季への課題を見つけることが必要。

よって、日本シリーズは、広島は、現状、どこが足りず、どうすれば、将来、長期にわたって強いチームになるかを考えながら、観ている。

どうすれば日本シリーズに勝てるかという面からは観ておらず、どうすれば日本シリーズに勝てるかという面からブログを書いていない。

よって、大瀬良の中4日は、当初から反対。

実際に、大瀬良も千賀も初回から、殆どの投球においてリリースの瞬間に右腕上腕部が凹むという異常ぶりだ。

一方で、4戦目までは、フランスアと岡田を連投させていないので、リリーフの起用法について大きな不服はない。

この試合の5イニングス目の一死、二、三塁の場面、大瀬良はフィジカル上これ以上投げるのは無理。

この試合の5イニングス目、一死、二三塁から、勝つのであれば、パワー系のオーバースローの投手。

勝つことを要件にするのであれば、ヘグウェルを登板させてはいけない。

しかし、カープには現状、これに当てはまるのは、岡田とフランスアしかいない。

ここで岡田かフランスアを起用すると、7回、8回を投げる投手がいなくなる。

俺は日本シリーズは、勝敗にはこだわっていないので、ここは岡田のフランスア以外なら誰でもいい。

岡田、フランスア以外の投手が、フィジカル上続投可能であった場合の大瀬良と天秤にかけて優れているということではない。

5回、6回は、消化させないと試合が進行できない。

来季以降の構想にも入っている今村、ジャクスン、今季初めて一シーズンを投げ切ったアドゥワの将来を考えると、これ以上は損耗させたくない。

岡田も一岡も回跨ぎさせたくない。

尤も、ジャクスンは、この試合ベンチに入っていないので投げさせることはできないが。

日本シリーズを練習台として使うのであれば、登板過多でない若手を使いたいが、ベンチに入れていないのだから使いようがない。

初見から、実際に登板を重ねた現在まで、俺の中での評価が変わることなく終わっている投手であるヘルウェグを起用したことに異論は唱えない。

6回、一岡は、俺の当初のプランと実際が一致。

俺が承服できないのは、フランスアを3度回跨ぎをさせて40球投げさせたこと。

緒方と畝のフランスアの起用法を見ていると、発展途上国という属性を付与されている地域出身の選手を奴隷として潰れるまでコキ使っているのではないかと思わせるものがあるのだ。

既に何度も書いているが、俺は、回跨ぎを好ましく思っていない。

いくらシーズン中に先発の経験があっても、全投球の90%をセーブして投げる先発と、先発よりは、ギアを上げて投げる抑えの回跨ぎとでは異なる。

6イニングス目を終了の段階で、フランスアは、4球。

回跨ぎは、1回までで、24球目までは、グッと不服を飲み込もうと、7回頭の段階で決めていたのだ。

フィジカル面を考えると、フランスアは、、40球投げているので連投は無理(移動日は中1日と看做さない)。

無理を押してフランスアを投げさせれば、6戦目は、勝つかもしれないが、7戦目も登板させたら、引退後、野球以外の生活をもできなく成り得る。

5戦目を終えた段階で、広島もソフトバンクも投手陣の戦力層は尽きている。

ソフトバンクは、後1勝すればいいが、カープは後3勝しないと日本一になれない。

カープには、後3勝できるだけの投手陣の層の厚さはない。

広島の日本シリーズ優勝は、100%ない。

仮に、広島が3勝1敗で王手をかけていても、短期決戦ごときで、将来メジャーで活躍できる有望な選手を潰してはいけない。

フランスア以外の投手で6戦目は、イニングを消化して試合を成立しなければならない。

それと、大瀬良を第6,7戦でリリーフ待機させろという意見もあるようだが、

おまえ、いい加減にしろよ。

大瀬良は右肩の状態が悪い中、79球投げているんだ、大瀬良を潰す気か。

よって、6戦目で日本シリーズは、終了で、第7戦、8戦など行われないのだ。

今回のシリーズは、デスパイニと、バティスタ、メヒアの打撃レベルの差が出た。

守備面では、上林、明石のラインは鍛えられている。

今宮は、ハムストリングスを故障していても、は田中広輔より数段上手い。

松田の守備も、安部や移籍した美間より遥かに上手い。

丸は、本塁打の打席では、ステップ幅が広く、ヘッドが遅れて出て、失速が早まった。

柳田は、バットを折りながらも本塁打。

ヒッチの内の「下げる」は十分、「上げる」の方が不十分だが、割れを作ってヘッドをボールの外側に入れ、ボールを引っ掛けてカチ上げた。

右足の踵に重心を打つし、フォロースルーも頭に付くまで大きい。

球場の広い狭いは関係ない。

打撃内容から言うと、紛れもなく本塁打。

ホークスは、サファテ、岩嵜、石川、野手では、今宮、内川、デスパイニが故障。

カープの選手は、多かれ少なかれ故障しながらプレーしているが、戦線離脱者は、いない。

それでも、勝ち越せないのが現状だ。

俺がカープに望むのは、日本シリーズでソフトバンクに勝てるチームではない。

カープがパリーグに入ったとしてもソフトバンクと25試合して勝ち越した上で、パリーグのレギュラーシーズンで優勝できるチームだ。

武田、石川、加治屋、嘉弥真、高橋礼と、中﨑、今村、一岡、アドゥワ、中村祐太を比較すれば、若干カープの方が上。

ホークスは、サファテ、岩嵜がいなくても、モイネロ、ミランダ、スアレスとパワー系の投手がいる。

カープに足りないのは、パワー系オーバースローの投手。

現状、カープのパワー系オーバースローは、フランスア、岡田、ジャクスンだけだ。

フランスアが、、後、三人、全て右投手で必要だ。

千賀も甲斐もエリートではない。

年俸を低く抑える育成選手の精度は好きではないが、ホークスは、カープよりも数段育成が上手い。

このことは、美間と曽根を比較しただけでもわかる。

曽根の方が攻走守いずれも美間を大きく上回っている。

FA選手は今オフ獲らなくてよい。

大物選手をトレードで獲らなくてもいい。

只、曽根のように他人の窯の飯を食った選手を入れることは必要。

カープは、二軍に、よくこんなんでプロになれたなという選手で、且つ見込みのない選手を抱えすぎて選手のドラフト以外での戦力の入れ替えができていない。

それとホークスは、外国人選手を探すスカウトも優秀。

カープは、ヘルウェグ、見込みのない二軍選手に代えてドミニカ、プエルトリコ、キューバ、ベネズエラ周辺から有望な若手のオーバースローの投手をできるだけ多く連れて来い。

カープアカデミーで、搾取することなくきちんと年俸を払って十分な栄養とトレーニング施設、用具を提供してフランスアを、後三人メジャーレベルまで育成してシーズンに入ったら支配下選手登録しろ。

全国からアフリカ、中南米からの移民の子供を集めてカープジュニアに”高待遇”で入れろ。

7試合稚度では、結果としての差は付かないが、事実上のレベルの差は明らかに看て取れた。

カープは、パリーグに参加して143試合戦っていたらAクラスに入れるかどうか、今季のヤクルトで、ロッテ、楽天と僅差の争い。

DenA、巨人、中日、阪神は、文句無しの最下位だ。

ソフトバンクのリリーフ陣は、モイネロ、スアレス、サファテ、岩嵜以外は、凄い投手はいない。

カープの各野手の打撃成績は、ソフトバンクの各野手の打撃成績は上回る。

しかし、それは、セリーグの投手と対戦した結果なのだ。

今回のシリーズの打撃内容を見ると、カープの野手の打撃のレベルがソフトバンクの野手よりも劣るのだ。

千賀の防御率が3.51、バンデンハークが4.30、武田翔太が4.48なのは、パリーグの打者と対戦しているからで、セリーグにくれば、大瀬良(2.60)やジョンスン(3.11)と同じくらいの防御率が残せるのだ。

カープの野手でパリーグのAクラスのチームに移籍してレギュラーを獲れるのは、鈴木誠也と丸だけ。

田中も菊池もパリーグのAクラスのチームに行けば規定打席には到達できない。

ヘッドがボールの下に入って手首を返して減速した結果である、スライス回転のかかったゴロ(わかりやすく言うと高く弾んだ打球)を打って内野ゴロの間に一点を取ったことなど一つも自慢できないこと。

内野ゴロ、バントヒット、四球ではなく、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛けて打て。

ボールを擦ってカチ上げろ。

ボールを縦に擦って手首を返さずにスライス回転又はバックスピンをかけろ。

将来有望な若手は、レベルの低いフェニックスリーグではなく、ウインターリーグに参加しろ。

イニング詳細

1回表

田中広輔は、1球目、インコースベルトの高さのストレート153キロを打って二ゴロ。

千賀(右左)は、2球目、アウトローにカットボール138キロをワンバウンドさせる。

千賀は、5球目、アウトローにフォーク136キロをワンバウンドさせる。

菊池は、6球目、千賀がワンバウンドさせた真ん中低目のスライダー136キロを空振り三振。

千賀は、8球目、アウトローにフォーク136キロをワンバウンドさせる。

千賀は、11球目、アウトローにフォーク136キロをワンバウンドさせる。

丸は、13球目、インハイのフォーク137キロを打って左飛。

1回裏

上林は、1球目、アウトコースベルトの高さのカットボール140キロを打って一ゴロ。

明石は、8球目、アウトローのカットボール140キロを空振り三振。

大瀬良は、14球目、アウトローにカットボール141キロをワンバウンドさせて、グラシアルに四球を与える。

柳田(右左)は、20球目、アウトコースベルトの高さのカットボール140キロを打って二ゴロ。

2回表

千賀は、15球目、真ん中低目にフォーク134キロをワンバウンドさせる。

鈴木は、17球目、インローのストレート154キロを空振り三振。

千賀は、19球目、アウトローにフォーク137キロをワンバウンドさせる。

松山は、これを空振り。

松山は、22球目、アウトローのスライダー130キロを打ってライト線上のフェンス直撃の二塁打。

千賀は、26球目、インハイにストレート150キロが外れて西川に四球を与える。

千賀は、30球目、インローにフォーク134キロをワンバウンドさせる。

安部は、33球目、真ん中高目のフォーク135キロを打って一ゴロ。

會澤は、34球目、真ん中高目のストレート148キロを打って中前安打。

広島1-0ソフトバンク。

野間は、37球目、真ん中高目のストレート151キロを打って右前安打。

2塁走者安部が本塁でアウト。

2回裏

中村晃は、26球目、真ん中低目のフォーク140キロを打ってセカンドへの内野安打。

内川は、30球目、アウトローのフォーク139キロを打って二飛。

松田は、33球目、アウトローのストレート148キロを打って遊併打。

3回表

田中広輔は、38球目、インコースベルトの高さのスライダー125キロを打って二ゴロ。

千賀は、43球目、インローのストレート149キロが外れて菊池に四球を与える。

丸は、47球目、アウトローのストレート149キロを見逃し三振。

千賀は、50球目、アウトローにスライダー132キロをワンバウンドさせる。

千賀は、53球目、真ん中高目のフォーク132キロが外れて鈴木に四球を与える。

千賀は、56球目、真ん中低目にストレート150キロをワンバウンドさせる。

千賀は、57球目、真ん中低目にスライダー134キロをワンバウンドさせる。

松山は、59球目、アウトハイのストレート150キロを打って遊ゴロ。

3回裏

今宮は、36球目、真ん中高目のカットボール138キロを打って二ゴロ。

甲斐は、38球目、真ん中高目のカットボール137キロを打って二飛。

大瀬良は、40球目、アウトローにフォーク139キロをワンバウンドさせる。

上林は、41球目、インコースベルトの高さのストレート148キロを打って遊ゴロ。

4回表

西川は、60球目、真ん中高目のフォーク129キロを打って二飛。

安部は、64球目、真ん中のカットボール135キロを打って左飛。

會澤は、65球目、アウトハイのカットボール139キロを打って遊直。

4回裏

大瀬良は、47球目、インローにストレート146キロが外れて明石に四球を与える。

グラシアルは、48球目、真ん中のカットボール139キロを打って左前安打。

大瀬良は、54球目、アウトコースベルトの高さのストレート148キロが外れて柳田に四球を与える。

中村晃は、60球目、インローのフォーク142キロを打って中前安打。

広島1-2ソフトバンク。

内川は、62球目、真ん中のカットボール137キロを投前にバントする。

松田(右右)は、67球目、アウトハイのストレート149キロを空振り三振。

今宮(右右)は、真ん中のフォーク141キロを打って遊ゴロ。

5回表

千賀は、66球目、真ん中低目にストレート150キロをワンバウンドさせる。

千賀は、68球目、真ん中低目にフォーク131キロをワンバウンドさせる。

野間は、これを空振り。

千賀は、70球目、アウトローにフォーク133キロをワンバウンドさせる。

野間は、71球目、真ん中のカットボール136キロを打って二ゴロ。

田中広輔は、77球目、真ん中低目のカットボール135キロを打ってセンターフェンス直撃の二塁打。

千賀は、79球目、アウトローにスライダー129キロをワンバウンドさせる。

菊池は、84球目、真ん中低目のフォーク134キロを空振り三振。

ここで千賀が降板し、モイネロ(左左)が登板。

丸は、3球目、真ん中高目のストレート149キロを打ってライトスタンドへの本塁打。

広島3-2ソフトバンク。

モイネロは、9球目、インローのストレート149キロが外れて鈴木に四球を与える。

松山は、11球目、真ん中低目のストレート148キロを打って二ゴロ。

5回裏

甲斐は、73球目、アウトローのカットボール138キロを打ってピッチャー返しの内野安打。

上林は、76球目、インコースベルトの高さのストレート146キロを打ってショートへの内野安打。

明石は、79球目、真ん中のストレート145キロを一塁側にバントする。

ここで大瀬良が降板し、ヘルウェグが登板。

ヘルウェグは、3球目、インハイにスライダー128キロが外れてグラシアルに死球を与える。

柳田は、6球目、真ん中のスライダー131キロを打って投ゴロ。

広島3-3ソフトバンク。

中村晃は、9球目、真ん中高目のシュート回転したボール154キロを打って左飛。

6回表

武田翔太(右右)が登板。

西川は、3球目、真ん中のフォーク141キロを打って一ゴロ。

武田は、5球目、アウトローにフォーク142キロをワンバウンドさせる。

安部は、7球目、真ん中低目のストレート149キロを見逃し三振。

武田は、12球目、アウトローにパワーカーブ(カットボールの握りで、且つカーブよりも親指と人差指の距離を狭める。リリースの瞬間に抜かずに投げる)128キロをワンバウンドさせる。

會澤は、15球目、真ん中低目のスライダー140キロを打ってレフトスタンドに本塁打。

広島4-3ソフトバンク。

野間は、19球目、武田がワンバウンドさせた真ん中低目のパワーカーブ127キロを空振り三振。

6回裏

内川は、1球目、真ん中のストレート145キロを打って一邪飛。

松田は、5球目、アウトローのフォーク137キロを打って遊ゴロ。

今宮は、9球目、真ん中高目のフォーク136キロを打ってレフト線に二塁打。

フランスアは、3球目、インローにシュート回転したツーシーム153キロをワンバウンドさせる。

長谷川勇也(右左)は、4球目、インコースベルトの高さのストレート156キロを打って遊ゴロ。

7回表

武田は、20球目、アウトローにカーブ123キロをワンバウンドさせる。

田中広輔は、24球目、真ん中のストレートを打って投ゴロ。

武田は、25球目、アウトローにスライダー140キロをワンバウンドさせる。

菊池は、30球目、真ん中のストレート151キロを空振り三振。

武田は、31球目、アウトローにフォーク143キロをワンバウンドさせる。

丸は、35球目、真ん中高目のカーブ123キロを打って中前安打。

武田は、37球目、アウトローにスライダー139キロをワンバウンドさせる。

武田は、41球目、アウトローにパワーカーブ128キロをワンバウンドさせて鈴木に四球を与える。

新井は、2球目、アウトコースベルトの高さのスライダー127キロを打って三ゴロ。

7回裏

上林は、10球目、アウトハイのストレート155キロを空振り三振。

明石は、17球目、真ん中のスライダー136キロを打ってライトスタンドに本塁打。

広島4-4ソフトバンク。

グラシアルは、19球目、アウトハイのストレート154キロを打って遊飛。

柳田は、21球目、真ん中高目のストレート156キロを打って左飛。

8回表

バティスタは、6球目、真ん中高目のストレート137キロを打って遊ゴロ。

高橋礼(右右)は、インローのカーブ108キロをワンバウンドさせる。

安部は、11球目、真ん中のストレート139キロを打って左飛。

會澤は、5球目、アウトコースベルトの高さのスプリット147キロを見逃し三振。

8回裏

中村晃は、25球目、アウトコースベルトの高さのストレート153キロを空振り三振。

内川は、29球目、真ん中高目のストレート155キロを打って中飛。

松田は、35球目、インハイのストレート156キロを空振り三振。

9回表

野間は、13球目、真ん中のカットボール148キロを打って三ゴロ。

田中広輔は、17球目、アウトハイのカットボール145キロを打って右前安打。

菊池は、19球目、真ん中高目のストレート148キロを一塁側にバントする。

丸は、21球目、インコースベルトの高さのシュート回転したボール149キロを打って右飛。

9回裏

髙田(右左)は、38球目、インコースベルトの高さのツーシーム150キロを打ってファーストへの内野安打

フランスアは、39球目、真ん中低目にストレート152キロをワンバウンドさせる。

髙谷(右左)は、41球目、インローのストレート151キロを投前にバントする。

フランスアがここで降板し、中﨑が登板。

中﨑は、1球も投げずに、上林に四球を与える。

中﨑は、2球目、真ん中低目にシュート146キロをワンバウンドさせる。

明石(右左)は、5球目、真ん中のスライダー127キロを打って左邪飛。

中﨑は、6球目、インローにシュート142キロをワンバウンドさせる。

グラシアル(右右)は、9球目、インローのツーシーム146キロを打って三飛。

10回表

加治屋は、4球目、アウトローにスプリット144キロをワンバウンドさせる。

加治屋(右右)は、6球目、アウトローにパワーカーブ128キロをワンバウンドさせて、鈴木に四球を与える。

曽根は、10球目、真ん中高目のストレート148キロを三塁側にバントする。

バティスタは、16球目、真ん中のフォーク141キロを空振り三振。

加治屋は、18球目、インローにフォーク142キロをワンバウンドさせる。

安部は、20球目、真ん中低目のストレート149キロを打って二ゴロ。

10回裏

柳田は、11球目、アウトコースベルトの高さのスライダー123キロを打ってライトスタンドに本塁打。

広島4-5ソフトバンク。

試合データ