2018日本シリーズ、広島vsソフトバンク第3戦。投手陣に課題の残った試合。

ゲームは、一度も追いつくことなく、敗れ去った。

丸を最大の敗因に挙げる者が多いが、丸が打てなくとも他が打点を挙げて8点取っている。

野球は一人が打てないぐらいでは負けない。

彼等は、ポイントがズレでいる。

個人的には投手戦の方が好みなので、こういう大味な試合はあまり面白くない。

日本シリーズは、特定の選手を酷使することなく、勝ち負けよりも来季の課題の糸口を探すことが大切。

日本シリーズは、格好の練習台だ。

丸は外す必要はない。

原辰徳のグータッチを見させられるのは、ブスの恋愛論を聞かされることに匹敵するぐらい不快極まりない。

マギーが引退するということは、ビシエドと話しが着いて岡本が三塁に回ることが決定したからだ。

しかし、Gは、ビシエド、浅村、丸、西が加わっても優勝できないから大丈夫だ。

ミランダのピッチング

ミランダは、ヒールアップして右膝を骨盤よりも高くレッグアップ。

テイクバックのときに左腕を背中の方に引かない。

右股関節を内旋してから緩やかなヒップファーストで右足を踏み出す。

右足がインステップするが、左肩が割れる。

左腕前腕部が回外して左肘が沈む。

リリース直前に上方に関してのみ、0ポジションができる。

リリースの瞬間に右足が突っ張る。

上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターン。

安部は、小刻みにヒッチさせて、2本ともヘッドをボールの外側に入れて壁を作って打てている。

性夜のアホは、ヘッドがボールの外側に入ってきたが、未だ、縦にボールの軌道を擦れていないので、全快ではない。

一方の九里は、左肩、左膝の割れよりも、右肘が遅れて出るので、右肘の位置が下がり、シュート回転する。

右肩をつまみ上げたときに、両肩がM字になるから、左肩が先に割れて右肘に負荷がかかって右肘が遅れて出る。

丸が打てないことと四球は関係ない。

お前は、野球を知らなすぎだ。

メンタルは関係ない。

柳田とデスパイニは四球を出したのは非難するところではない。

最も良くないのは2者連続本塁打だ。

丸のバッティング

人間は、誰しも資質なんか備わっていない。

丸は、研究し練習を積み重ねていつかホームラン王を獲ればいい。 

丸は、両ハムストリングスが損耗しているから、レッグアップが遅れ 踵体重になって左足が後退 ヒッチの内の”上げる”が小さいので、トップを作り切らない内にスウェイ 左肩の開きよりも遅れてヘッドが出ている。

岡田のピッチング

柳田は、ヘッドがボールの下に入ってスライス回転がかかった打球だけれども、縦に擦れている分、ヒットになった。

柳田は、冬眠から醒め始めている。

肉体の稼働は、メンタルではコントロールできない。

肉体の稼働のプロセスを説明できない低脳な奴がメンタルという実体のない世界に逃げ込む。

そんなメザイクブスのメイクやチビ男の厚底スニーカーのような誤魔化しは通用しないぜ。

岡田の投球動作は、フィジカル面の損耗が原因。

それと、不勉強なOBに投球動作をいじられた。

岡田は、テイクバックが横に大きい。

トップを作る前に右股関節が外旋し始め、右膝が内に入る。

トップを作ったときに右肘が内に入る。

右腕前腕部が回外してボールを持つ手が打者の方を向いている。

リリースの瞬間に重心が右足に残っている。

リリースの瞬間に右腕上腕部が凹んでいる。

左膝の壁を崩して右足を三塁側に着地させてフォロースルーを止めている。

右足を一塁側にターンさせているときは、ホップしてから失速するが、デスパイニに投げた球は棒球。

デスパイニは、ちょこんと左足を着地させてトップを作る。

打撃の動作に余分な動きがない。

物事には偶然はない。

上述のように岡田が打たれたのは原因がある。

一回打たれたぐらいで評価は変わらない。

岡田は、先発や第二先発は無理だ。

岡田は、古臭い投げ方を強いるOBを出禁にして、来季、クローザーで起用し続ければ、クローザーとして大成する。

デスパイニvsヘルウェグ

デスパイニは、ヘッドをボールの外側に入れてファウル。

ヘッドがボールの内側をこすり、ヘッドがボールの下に入ってファウル。

ヘッドがボールのわずかに外側を縦にこすり、スライス回転のかかったゴロを打つ。

デスパイニは、現象面だけ追うとまるで合っていないように見えるが、徐々にヘルウェグの球にタイミングが合ってきているよ。

後、数センチでホームランだよ。

今宮は、ヘッドを残してヘッドをボールの外側に入れて打ち、ライトフライ。

左打者は、対応できている。

何が「ヘルウェグが左へ体重が流れてなければピーゴロだったような気もしたんだけどねぇせっかくの長身もバランス崩していたら捕りに行けない。」だよ。

ヘルウェグは、トップを作る前に右の股関節が外旋するのが良くないのだが、投手は、トップを作ってから、タスキ掛けのラインを内旋を先行させながら、リリースの瞬間までに左足を弓なりに突っ張らせて左膝と左肩を開いてフォロースルーのところで右足をターンさせていかないいけない。

それをしないと指先に瞬発力が乗らないだけでなく、急ブレーキをかけてフォロースルーを途中で止めてしまうから、右肩、右肘を故障する。

左に体重を流してやらないと、軸足、右肩、右肘、腸腰筋、ハムストリングスにかかった負荷を解いてやることができない。

左膝を曲げて右足を右肩の横に着地しなさいと指導してきた日本の指導者が間違ってるんだよ。

わかりもしねえくせに口出しすんじゃねえよ。

中田廉vs髙谷

中田廉は、テイクバックが藪田並みに小さく、リリースの瞬間に左足が突っ張るようになった。

両足をシャッフルして右足をターンさせるなど、進歩はしているし、何球かはいい球がある。

しかし、右足を三塁側に着地させて投げ、ホームランを打たれたのは、バットをボールの距離が取りやすいアウトローの棒球。

投球動作を作っている最中であることが丸わかりだ。

フランスア、中﨑の連投をさせなかったことだけが救いだ。