2018広島vsヤクルト16回戦。9回守備のミスから同点。10回表にバレンティンに決勝本塁打を打たれる。

abstruct

ジョンスンは、トップを作る過程で左肘が上がっていかない。

左肘が伸びてボールが外れる。

又は、リリース直前のトップの位置が下がる。

手首が寝てボールを引っ掛ける。

5回終了の段階で、球数は、122キロに達した。

永川は、相変わらず、右股関節のタメがない。

右足を蹴るのが早すぎる。

永川は、投球動作の源となるフィジカル面の状態を、一軍で通用するレベルの動作ができるレベルに継続させられる期間を長くできない。

ストレート系のボールが全く通用しなかった。

永川は、手段を尽くして復活できなかったので、石原、新井と共に今季限りで引退かな。

上本は、試合に出続けていないから、捕球してからトップを作るまでが円滑にできていない。

中﨑は、坂口に右肘を抜いて巧く打たれた。

9回裏、鈴木が3-0から打ったのは間違いではない。

アドゥワもトップを作る過程で右肘が上がっていかないね。

リリースのときに左足が突っ張らない。

上半身も下半身も消耗しているね。

バレンティンに打たれたのは、ホームランボール。

昭和の投手から見れば、フランスア、アドゥワは手投げという評価になるだろうが、進歩し続ける現代の野球技術という面に徴すれば、アドゥワと中﨑は手投げだが、フランスアは下半身を使えており手投げではない。

今村は、まずまず下半身を使えている。

永川は、下半身を使っていることは使っているが、使い方が滅茶苦茶。

Kris Johnsonのピッチング

坂口は、真ん中のカットボール137キロを、ヘッドを残してレフト前ヒットを打つ。

Johnsonは、カウント1-1から、8球目、アウトハイに、ストレート150キロを投じる。

坂口は、二盗に成功。

青木は、13球目のアウトローのストレート151キロを、ヘッドを残して打つが、ヘッドがボールの下に入り、スライス回転の遊ゴロを打つ。

ジョンスンは、19球目、右肩、右肘の割れに左肘の出が遅れ、スライダーがシュート回転してインローに外れる。

山田に四球を与える。

バレンティンは、アウトコースベルトの高さのストレート150キロに、全く動けずに見逃し三振。

雄平は、アウトローのツーシーム149キロを、ヘッドを残して、トップハンドの親指でグリップを押してヘッドの下がりを抑えて打つが、遊ゴロ。

2回表

川端は、アウトハイのストレート146キロに、ヘッドがボールの下に入り、スライス回転の遊ゴロを打つ。

西浦は、インハイのストレート148キロを空振り三振。

ジョンスンは、41球目、上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターンしてフォロースルーをするが、アウトコースベルトの高さにストレートが外れて中村悠平に四球を与える。

ジョンスンは、48球目、リリースの瞬間に左肘が下がり、ボールを引っ掛けてアウトローにストレート149キロが外れて小川に四球を与える。

坂口は、インコースベルトの高さのツーシーム147キロを、ヘッドをボールの外側に入れて、センター前ヒット。

センター丸の送球が逸れて石原がボールを後ろに逸らす。

広島0-1ヤクルト。

ジョンスンは、57球目、アウトローにスライダー135キロが外れ、青木のヘッドが止まり、青木に四球を与える。

山田は、ステイバックの過程で左肩が内に入り、インローのスライダー137キロを空振り三振。

3回表

バレンティンは、真ん中低目のナックルカーブ123キロを、ヘッドをボールの外側に入れて壁を作って打つが、三直。

ジョンスンは、72球目、リリースの瞬間に左肘が下がり、フォロースルーのときに、両足がクロスしない。

アウトローにスライダー134キロが外れて雄平に四球を与える。

川端は、アウトコースベルトの高さのカットボール140キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打ち、ライト前ヒット。

ジョンスンは、80球目、チェンジアップを抜くことができないが、西浦は、インローのチェンジアップ134キロを、ボールの軌道の下をバットが通過して空振り三振。

中村悠平は、アウトハイのストレート148キロに、ヘッドが遅れ、ヘッドをボールの外側に入れて打つが差されてレフトフライ。

4回表

ジョンスンは、85球目、オーバースローに近いコッキングの角度から真ん中にナックルカーブ119キロを投げる。

小川は、ヘッドを残してセンター前ヒットを打つ。

坂口は、アウトハイのストレートをヘッドを残してボールの内側に当て、壁を作って打つが三ゴロ併殺。

ジョンスンは、96球目、右肩、右膝の割れに左肘の出が遅れ、リリースの瞬間に左肘が伸びる。

シュート回転したストレート146キロがアウトハイに外れ、青木に四球を与える。

山田は、アウトコースベルトの高さのカットボール141キロに、ヘッドが遅れて遊飛。

小川泰弘のピッチング

小川は、19球目、テイクバックのときに、内旋した右肩と回内した右腕前腕部は背中側にさほど引いていないが、脇腹を引っ込め、右股関節の二塁方向への内旋が大きすぎる。

トップを作り、右腕上腕部を外旋したときに、右腕前腕部が回外して右肘が沈む。

右肘、右腕前腕部が背中の側に入っている。

右膝が内に入り、左肩、左肘が割れている。

真上からボールをリリースしているが、リリースの瞬間に右足が突っ張っていない。

一塁側へ倒した上体をフォロースルーの途中で起こし、右膝の一塁側へのターンだけをしている。

鈴木は、真ん中高目のストレート144キロを、ヘッドをボールの外側に入れてバックスピンをかけてレフトスタンドに本塁打を打つ。

広島1-1ヤクルト。

3回裏

小川は、31球目、トップを作ったときに、右肘が沈み、ボールを持つ手と頭が離れている。

石原は、アウトローのスライダー128キロを、ヘッドを残してセンター前ヒットを打つ。

ジョンスンは、インハイ143キロをバントするが、打球が浮いて、中村悠平は、ワンバウンドで捕球、二塁へ送球して二塁はアウト。

野間は、アウトコースベルトの高さのカットボール141キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打つが、ボールの上っ面に当ててトップスピンがかかり、打球が沈む。

野間は、二ゴロで2アウト。

菊池は、アウトローのストレート146キロを、踵体重で空振り三振。

4回裏

丸は、真ん中のシュート回転したカットボール140キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打ち、手首を返してライト線に二塁打。

鈴木は、アウトローの落ちるカットボール142キロに、始動が遅れステイバックなしで空振り三振。

松山は、インハイ(左打者のアウトハイ)の裏返ったカットボール143キロを、ヒッチして、腰が浮きながらもヘッドを残して打ち、レフト前ヒット。

広島2-1ヤクルト。

5回裏

石原は、ヘッドを残して、又は壁を作ってファウルを7本、5本目は、スライス回転のかかったバックネット裏へのファウルですが、打ち損じを連発して12球目に左肩が内に入って真ん中低目のフォーク134キロを空振り三振。

小川は、86球目、テイクバックのときに、右腕前腕部を回内して右腕を背中の側に大きく引く。

トップを作り、右腕上腕部を外旋したときに、右腕前腕部が回外して右肘が沈む。

右肘、右腕前腕部が背中の側に入っている。

右膝が内に入り、左肩、左肘が割れている。

真上からボールをリリースしているが、リリースの瞬間に右足が突っ張っていない。

バティスタは、真ん中高目のストレート148キロを、ヘッドをボールの外側に入れてレフトスタンドに本塁打。

石原が打たせた本塁打ではありませんよ。

バティスタの実力ですよ。

中継ぎ、抑え投手のピッチング

6回表

永川が登板。

登録抹消前のピッチングから、投げる前から、ダメだろうな、2点差はひっくり返されるだろうなと思っていましたが、その通りになりましたな。

宮本は、真ん中のスライダー141キロを、ヘッドを残してレフト前ヒットを打つ。

坂口は、インコースベルトの高さのシュート139キロに、ヘッドがボールの下に入り、スライス回転の三ゴロを打つ。

永川は、20球目、左肩、左膝の割れに右肘の出が遅れてアウトハイにストレート143キロが外れて青木の右肘の下にぶつける。

永川は、25球目、左肩、左膝の割れに右肘の出が遅れて、リリースの瞬間に右肘が下がり、手首が寝てボールを引っ掛ける。

ツーシーム145キロがアウトローに外れ山田に四球を与える。

永川は、31球目、、左膝の割れに右肘の出が遅れて、リリースの瞬間に一塁方向に右肘が伸びる。

アウトハイにスライダー138キロが裏返り、バレンティンに四球を与える。

押し出しで、広島3-2ヤクルト。

永川は、33球目、トップを作ったときに、右腸腰筋、右股関節が外旋し、右膝が内に入る。

左肩、左膝が割れて、それから右肘が遅れて出る。

あっち向いてホイの投げ方になっている。

雄平は、インハイのシュート145キロを、ヘッドをボールの外側に入れてセンター前ヒットを打つ。

広島3-4ヤクルト。

6回裏

ハフは、リリースの瞬間に右腕上腕部が凹み、アウトローにストレート145キロが外れて松山に四球を与える。

西川は、アウトコースベルトの高さのストレート145キロを、ヘッドを残してヘッドをボールの外側に入れて壁を作ってレフト前ヒットを打つ。

田中広輔は、真ん中低目のストレート147キロを、ヘッドを残してレフト前ヒットを打つ。

広島4-4ヤクルト。

7回裏

下水流は、アウトコースベルトの高さのカットボール141キロを、ヘッドを残してヘッドをボールの外側に入れてセンター前ヒットを打つ。

野間は、インコースベルトの高さのストレート146キロを、右足の拇指球に重心を移して投前にバント。

捕手の中村悠平が捕って一塁送球。

菊池は、アウトローのスライダー132キロを、ヘッドを残して壁を作って打つが、ライトフライ。

梅野は、左肩、左膝の割れに右肘の出が遅れ、インローにストレートが外れ、丸に四球を与える。

鈴木は、インコースベルトの高さのストレート149キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打つが、スライス回転がかかり、バットが真っ二つに割れる。

センター前に落ちるヒットで、広島5-4ヤクルト。

8回表

フランスアは、6球目、上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターンさせてフォロースルーをするが、アウトコースベルトの高さのカットボール155キロが外れて坂口に四球を与える。

フランスアは、8球目、上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターンさせてフォロースルー。

青木は、アウトハイのストレート153キロに、ヘッドを残してヘッドをボールの外側に入れて打つが、ボールの上っ面に当たり、トップスピンがかかり、地を這う遊ゴロで併殺。

フランスアは、12球目、上体を三塁側に倒して左足を三塁側にターンさせてフォロースルーをするが、アウトローにカットボール155キロが外れ、山田に四球を与える。

フランスアは、17球目、左足を一塁側に着地させてフォロースルーを止める。

スライダー136キロがアウトハイに外れ、バレンティンに四球を与える。

雄平は、真ん中高目のスライダー140キロに、ヘッドがボールの下に入り、スライス回転のニゴロを打つ。

9回表

中﨑は、5球目、左肩、左肘の割れに右肘の出が遅れて、インハイにスライダー129キロが外れる。

川端に四球を与える。

西浦は、真ん中高目のストレート141キロをバントして小フライとなるが、中﨑は、ワンバウンドで捕球し、一塁送球。

中﨑は、12球目、左肩、左肘の割れに右肘の出が遅れるが、代打畠山は、左膝を上げるのが遅れ、真ん中高目のストレート147キロを空振り三振。

谷内は、インハイのツーシーム142キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打つが、ヘッドがボールの下に入り、スライス回転のかかった三ゴロを打つ。

上本は、投げる際にボールを落球、代走田代は、上本の左足をよけて三塁へ滑り込む。

上本が田代に覆いかぶさりタッチするが、田代の手が三塁に触れる方が明らかに早い。

坂口は、アウトコース(左打者のアウトコース)ベルトの高さのストレートを、ヘッドを残し、右肘を抜いてバックスピンをかけ、レフト前ヒットを打つ。

広島5-5ヤクルト。

9回裏

堂林は、インハイのストレート144キロを、右肘を畳んで、ヘッドをボールの外側に入れてボールを引っ掛け、左肘を抜いてレフト前ヒットを打つ。

野間は、真ん中高目のストレート141キロをバントしてスライス回転がかかり、ファウル。

バスターでアウトハイのスライダー130キロをヘッドを残してヘッドをボールの外側に入れて打つが三直。

菊池は、アウトハイのスライダー130キロを、ヘッドを残して壁を作って打つが、中飛。

近藤は、左肩、左膝の割れに右肘の出が遅れて、21球目のスライダー132キロが真ん中高目に外れて丸に四球を与える。

鈴木は、カウント3-0から、真ん中高目のスライダー131キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打つがスライス回転がかかり、中飛。

10回表

山田は、真ん中低目のカーブ112キロを、ヘッドをボールの外側に入れてバックスピンをかけて打つが、レフトフェンス際のフライ。

山田は、トップが深く入らなかったことと、左足を着地したときのステップ幅が大きかったので、フェンス手前で失速した。

バレンティンは、インローのチェンジアップ124キロを、ヘッドをボールの外側に入れて左肘を使ってバットでボールを掃い、レフトスタンドに本塁打を打つ。

広島5-6ヤクルト。

雄平は、真ん中のストレート142キロを、ヘッドを残してレフト前ヒットを打つ。

井野は、真ん中のストレート138キロを、バント、スライス回転がかかるが、成功。

西浦は、インコースベルトの高さのストレート140キロを、ヘッドをボールの外側に入れてレフト前ヒットを打つ。

畠山は、真ん中のストレート143キロを、ヘッドをボールの外側に入れてレフトスタンドに本塁打を打つ。

広島5-9ヤクルト。

谷内は、真ん中のストレートを、ヘッドをボールの外側に入れて打ち、スライス回転がかかるが、レフトに二塁打。

坂口は、アウトコースベルトの高さのストレート140キロを、ヘッドをボールの外側に入れてライトに二塁打を打つ。

広島5-10ヤクルト。

試合データ

勝利投手 近藤  4勝3敗 1S

敗戦投手 アドゥワ誠 4勝2敗 0S

ホールド フランスア