2018広島vs巨人18回戦。鈴木誠也2本塁打。今村猛無死満塁の場面を抑える。

カープアカデミー出身のメルセデスについては、試合に中止になったときにアップしようと、途中まで下書きが出来ていたが、完成する前に対戦することになってしまった。

メルセデスは、上体、下半身共、横回転が勝るスリークウォーターの投手。

防御率が0点台と言っても、たかが4試合。

実力は、フランスアの方が上。

カープ打線は、4点は取るだろうとみていた。

メルセデスのピッチング

メルセデスは、左足踵に重心をかけ、左股関節を内旋して右膝を上げる。

テイクバックは、昭和の投手と比べると特別に大きくはないが、左腕を背中の側に引く。

ステップの直前に、左足のスパイクの外側に重心を移す。

右足は踵から着地する。

トップを作り、左腕上腕部を外旋したときに、左腕前腕部が回外しかかり、左肘が下がる。

左腸腰筋、左股関節が外旋しかかり、左膝が内に入る。

リリースの瞬間に、右足は突っ張らないので、瞬発力が下半身に吸収される。

鈴木誠也のバッティング

鈴木誠也は、ヘッドをボールの外側に入れてボールを擦り、バットをボールの下に潜らせる。

スライス回転が少しかかるが、バックスピンをかける。

ステップ幅が狭く、左足のスパイクの外側に重心を移す。

フォロースルーのときも、左肘を肋骨に添わせ、右肘が伸びない。

ビシエドは、アウトローを右中間に二塁打。

鈴木は、野上の投じたアウトローのボールを、ヘッドを残してライトスタンドに本塁打。

鈴木は、過去に、アウトローをレフトスタンドに本塁打していますので驚きませんが。

野上は、テイクバックのときに右腕を背中の側に大きく引く。

野上は、リリースの瞬間、左足が突っ張らない。

右腕上腕部が凹む。

フォロースルーのときに、左足の踵に重心を移すので打球の失速を遅らせ、抑えられる。

中川は、テイクバックのときに、左腕を背中の側に引く。

トップを作って左腕上腕部を外旋したときに、左腕前腕部が回外しかかり、背中の側に傾く。

田中広輔は、ヘッドを残して壁を作って打ち、少しスライス回転がかかるが、レフトスタンドに本塁打。

野村祐輔のピッチング

野村は、テイクバックのときに、右腕を背中の側に引く。

トップを作り、右腕上腕部を外旋したときに、右腕前腕部が回外しかかり、背中の側に入る。

右肘が沈み、上体、下半身共に横回転になる。

リリースの瞬間に、右足が突っ張らない。

岡本に、割れを作ってヘッドをボールの外側に入れて、ボールを擦ってバックスピンをかけられた。

亀井に、ヘッドを残して打たれ、バックスピンをかけられた。

ジャクスンは、テイクバックのときに、右腕を背中の側に引く。

トップを作る過程で、右股関節、右腸腰筋が外旋しかかり、トップを作り切らない内に右肘を推進させる。

左肩、左膝の割れが早く、横回転になっていた。

コックした右肘と頭の距離が離れていた。

ジャクスンは、無死満塁としたところで降板。

左のワンポイントに飯田を起用することに未だに粘着する方がいらっしゃりますが、野村が降板後も8回の無死満塁の場面も飯田では無理。

永射対ソレイタ、清川対バース、松井秀喜対遠山の頃とは違うんです。

野球は進歩しているんです。

石原にサイドアームを勧められたようですが、一割打者に聴いてどうするんですか。

右の一岡、右のジャクスンが妥当。

今村猛のピッチング

今村猛は、未だ、少し、テイクバックのときに右腕を背中の側に引く。

右肩も若干上がっている。

横振りが完全には修正されず、未だ、脱力しきれていない。

トップを作ったときに、右腕前腕部は回内できている。

リリースの瞬間は、左足が突っ張らず、左膝の壁が崩れている。

上体を一塁側に倒して右足を一塁側にターンしてフォロースルー。

無死満塁の場面を無失点に封じたが、いいときの状態には戻り切れてはいない。