2018広島vs巨人13回戦。岡田明丈4回6失点(自責5)。打線も巨人の投手リレーから散発5安打しか打てずに敗戦。

abstract

この試合に始まったことではないですが、岡田は、初球を始め、立ち上がり、右足を蹴ってから、一旦、ターンした右足を頭の高さで静止させてから、振り下ろすんですことがあるんですよね。

これだと、瞬発力が左足に吸収されてしまい、下半身からうねりを上げて指先に瞬発力が伝わっていかない。

昨シーズンは、静止することなく右足を一塁側にターンできていたんだけどね。

この試合は、打者2回り持たないかな。

岡田は、テイクバックのときに、左手を上げて、左肩に比して右肩を下げるのはいいんだけど、右肩の下がり幅が尋常でないときがある。

何度も言うように、これが右肩の損耗に拍車をかけ、右腕上腕部が凹んで、ボールを引っ掛けてしまう。

岡田は、テイクバックのときに、右腕を背中の方に引きますので、左足の着地前は、横回転になります。

右腕を背中の方に入れなければ、右肩を直前の画のように極端に下げなくても、左足の着地前後を通じて体の回転が縦回転になります。

リリースの直後、右腕上腕部が凹んでいる。

岡田は、ここで右足のターンを静止してから、右足を振り下ろす。

それと、この試合の岡田は、トップを作る過程で、外旋した右腕上腕部が背中の側に入り、右腕前腕部が回外し、ボールを持つ手の掌が打者に向きかかり、右肘が沈んでいる。

また、これは、ボールが高目に外れる原因でもある。

岡田は、引き続き、フィジカル面の状態も良くないね。

だから、肘が上がらない。

左肩、左肘の割れより、右肘が遅れて出ていくから、打者はバットとボールの軌道の距離が取りやすい。

いいときの岡田は、リリースの瞬間に左足が突っ張るんだけれども、このところ、リリースの瞬間に左膝が曲がっていて(直前の画参照)、リリースした後で、左膝が伸びていっている。

これだと、下半身に瞬発力が吸収されて、瞬発力がボールに伝わらない。

左の股関節が前に出されて左膝が曲がっていると、左足着地後、右腕が横回転になり、打者は、バットとボールの軌道との距離が取りやすくなります。

左足が突っ張っていると、右腕がフリーになりますので、縦回転で、且つボールを前で離して、右腕前腕部がしなるようになります。

相当前から明らかになっていることだけど、岡田は、右肩が損耗していて先発して球数を投げこなすだけのスタミナがないんだよ。

オールスター明けからでも、リリーフに回した方がいいんだけど、岡田に代わりにローテーションに入って、5イニング食える先発がいるかどうかだよな。

フランスアは、完璧ではないが、ナイスピッチングだ。

僅差の場面のリリーフで通用するよ。

一岡も、リリースポイントを経る過程で右腕前腕部が回内して右肘が下がってフォークをすっぽ抜くことができずにインハイに外れたのが一つあったが、右足を一塁側にターンさせてフォロースルーをすることができるようになってきた。

完全復活ではないが、戻りつつある。

打線の方も4点中3点が、併殺崩れと内野安打によるものだからな。

今村信貴もトップを作ったときに左肘が沈んでいたし、上原も開幕当初と比べても良くなっていない。

投球によっては、スリークォーターの上原よりも、サイドアームに変えたと言っている、同じく劣化した永川の方が、コッキングの角度も45°に近く(上原の方が0°に近い)回転軸の傾きも大きいスリークォーターなんじゃないのかな。

上原もサイドアームとまではいかないけどな。

澤村も、三塁側に右足を着地させてボールを置いていた。

マシスンも右足をターンするときに壁が崩れていた。

バティスタは、フォロースルーのときの恰好を見ると泳いでいるように見えるけど、ステイバックのときに、後ろの骨盤の上に頭が乗っているから、本塁打になった。

カープ打線は、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つという方法そのものは間違いではないが、ほぼ総じてステイバックが十分に取れず、始動が遅れていたということ。

それにしても、5安打じゃ、勝てるわけがねえよな。

得点経過

1回表

今村信貴は、左足踵に重心をかけ、左股関節を内旋して右膝を上げる。

ステップする前に一旦、静止する。

右足は踵から着地する。

左足の三塁側へのターンを途中で止めてフォロースルーを止める。

田中広輔は、ステイバックしてから、スイングをしかけて止めるが、インハイのスライダーを見逃し三振。

菊池は、アウトローのスライダーを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、三直。

丸は、インコースベルトの高さのシュート回転したボール144キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、バットが真っ二つに折れる。

ニゴロで3アウト。

1回裏

坂本は、真ん中高目のストレート143キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて、左中間を破る二塁打を打つ。

吉川尚輝は、アウトハイのストレート140キロにヘッドが遅れて中飛。

マギーは、アウトローのスライダー128キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、遊ゴロ。

田中広輔は、三塁に送球し、坂本はタッチアウト。

岡本は、真ん中低目のスライダーを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、左直。

2回表

鈴木は、真ん中低目のスライダー120キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、左直。

松山は、真ん中低目のフォークを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、二ゴロ。

バティスタは、真ん中低目のフォーク130キロを、ヘッドをボールを残して壁を作って、センターバックスクリーンに本塁打。

広島1-0巨人。

今村信貴は、トップを作ったときに、左腕上腕部が外旋して背中の側に入り、左腕前腕部が回外して背中側に傾き、コックした左肘が下がっていた。

左肩の割れに、左肘の出が遅れて出て、バットとボールの軌道の距離が取りやすくなった。

2回裏

亀井は、アウトローのカーブを、トップハンドの親指でグリップを押してヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて、ヘッドの下がりを抑えてトップスピンをかけてライト前ヒット。

長野は、アウトハイのストレートを、ヘッドを残して打つが、ライトフライ。

岡田は、リリースの瞬間、左足が突っ張っていたが、右足のターンをリブダウンのときに一旦静止してから、右足を振り下ろし、両足をクロスさせていた。

陽は、アウトハイのストレート147キロを、ヘッドを残してライト前ヒットを打つ。

宇佐美は、アウトローのスライダー129キロをヘッドを残して打ち、中飛。

今村信貴は、アウトハイ(左打者から見ればインハイ)にシュート回転したボールを、左手の親指でグリップを押してヘッドをボールの外側に入れてボール引っ掛けてヘッドの下がりを抑え、右肘を抜く。

トップスピンのかかった地を這うピッチャー返しのゴロになる。

ボールはセンターへ抜け、広島1-1巨人

岡田は、36球目、カットボール147キロをリリース、上体を一塁側にタンブルさせて、右足を一塁側にターンさせてフォロースルーをするが、坂本はファウル。

坂本は、アウトローのストレート152キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打ち、トップスピンがかかり、遊ゴロ。

3回裏

吉川尚輝は、インローのチェンジアップ131キロを打って二ゴロ。

岡田は、上体を一塁側にタンブルさせ、右足を一塁側にターンさせてフォロースルー。

マギーをアウトローのスライダー130キロで空振りの三振に取る。

岡本は、アウトローのカーブを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて壁を作ってレフト前ヒットを打つ。

亀井は、真ん中低目のストレート142キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて壁を作ってセンター前ヒットを打つ。

岡田は、上体を一塁側にタンブルさせ、右足を一塁側にターンさせてフォロースルー。

長野は、アウトハイのカットボール147キロにヘッドが遅れて中飛。

4回表

今村信貴は、50球目、左腕上腕部を外旋→内旋したときに、左肘の位置が下がり、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる。

今村信貴は、51球目、手首が寝てボールを引っ掛けて、フォークが真ん中低目に外れる。

今村信貴は、53球目、ストレートがインハイでシュート回転して外れ、鈴木に四球を与える。

今村信貴は、59球目、手首が寝てボールを引っ掛けて、スライダーが真ん中低目に外れ、松山に四球を与える。

バティスタは、アウトコースベルトの高さのストレート140キロを、ヘッドを残して一塁側ファウルフライを打つ。

岡本が後ろ向きで捕球し、タッチアップで鈴木は三塁に進塁。

西川は、アウトハイのストレート141キロを、ヘッドを残して、ボールの内側を打ってしまい、トップスピンがかかり、遊ゴロ。

二塁フォースドアウトのみで、併殺崩れの間に、鈴木が本塁に還り、広島2-1巨人。

4回裏

陽は、左膝を上げるのが投手が左膝を上げるのよりも遅れ、左足をで足踏みしてから、バットを振り下ろしてアウトハイのストレート147キロを空振り三振。

岡田は、60球目、トップを作ったときに右腕前腕部が回外して右肘の位置が下がり、手首が寝てボールを引っ掛けて真ん中低目にチェンジアップ129キロをワンバウンドさせる。

岡田は、64球目、右腕上腕部を外旋→内旋したときに、右肘の位置が下がり、インローにストレート149キロが外れ、宇佐美に四球を与える。

今村信貴は、真ん中高目のストレート142キロを、右足の拇指球に重心をかけてバントするが、フライとなり、バント失敗。

岡田は、70球目、右腕上腕部を外旋→内旋したときに、右肘の位置が下がり、ボールを引っ掛けて真ん中低目にスライダーをワンバウンドさせ、坂本に四球を与える。

吉川尚輝は、インローにシュート回転したストレートを、トップハンドの親指でグリップを押してヘッドをボールの外側に入れてヘッドの下がりを抑えて、レフト線に二塁打を打つ。

広島2-3巨人。

マギーは、真ん中のスライダーを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打ち、三塁方向へのゴロ。

西川は、ボールを前に弾き、一塁送球がワンバウンドで逸れ、その間に吉川尚輝がホームに還る。

広島2-4巨人。

送球はエラーだが、捕球をできなかったことについてエラーだと言う奴には、

硬球をビールケース2箱分、ノックして差し上げよう。

岡本は、アウトハイのストレート144キロを、ヘッドを残して、トップハンドの親指でグリップを押してヘッドの下がりを抑えて右中間スタンドに本塁打。

インローとアウトハイは、インパクトの瞬間両肘が伸びて股関節、腸腰筋の内旋→外旋で産み出した瞬発力がストレートに伝わるコース。

トップハンドの肘を振り下ろし始めからフォロースルーまで、終始まげたまま、ホームランを打てるのは、メジャーの選手と、日本のプロ野球選手では鈴木誠也ぐらいでしょう。

日本の歴代のホームラン打者は、真ん中から体に近いコースは、ヘッドでボールをリリースした瞬間には総じてトップハンドの肘又は両肘が伸びています。

ど真ん中は、アウトハイやインローよりも体に近いので、バットとボールの軌道の距離が取りにくく、アウトハイ、インローに投げるぐらいなら、ど真ん中に投げた方が遥かに益しです。

岡本に本塁打を打たれた球は、岡田の失投ですが、先程も述べたように原因は、フィジカル面ですね。

重心を高くしていないと、下半身はロックされますからね。

重心が低かったら打てませんよ。

広島2-6巨人。

5回表

今村信貴は、右肘が上がるのが遅れ、左腕上腕部を外旋→内旋したときに、頭とトップの位置が離れ、アウトハイにストレート138キロが外れて下水流に四球を与える。

田中広輔は、アウトコースベルトの高さのストレート139キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、スライス回転がかかり、遊ゴロ。

菊池は、左膝を急ピッチで上げるが、振り遅れてアウトハイのストレート138キロを空振り三振

丸は、真ん中低目のストレート139キロを、ヘッドが遅れ、トップハンドの親指でグリップを押してヘッドの下がりを抑えるものの、レフトフライを打つ。

5回裏

フランスアは、両足はクロスしなかったが、左足を三塁側にターンさせてフォロースルー。

長野を、インローのチェンジアップ136キロで空振りの三振に取る。

フランスアは、三塁側に上体をタンブル、三塁側に左足をターンさせてフォロースルー。

陽を、インローのフォーシーム152キロで空振りの三振に取る。

宇佐美は、三遊間に上体がタンブルするが、左足を三塁側にターンさせてフォロースルー。

宇佐美を、インハイのストレート154キロで空振りの三振に取る。

6回裏

重信は、インコースのベルトの高さのストレート151キロを空振り三振。

フランスアは、左足のターンが空中で止まる。

担ぎ投げ故、インハイにストレート152キロが外れ、坂本に四球を与える。

吉川尚輝は、アウトローにワンバウンドしたスライダー135キロを空振りすると共に、三振暴投。

一塁走者がいるので、吉川尚輝の振り逃げは成立しないが、坂本は、二塁に進塁。

フランスアは、三塁側に上体を倒し、三塁側に左足をターンさせてフォロースルー。

マギーは、インローのチェンジアップ135キロを、ヘッドを残して、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打ち、トップスピンがかかり、遊ゴロ。

7回表

上原は、4球目、右肘が伸びてストレート137キロがインハイに外れる。

西川は、インローのフォークをヘッドを残して打ち、中飛。

上原は、右肘が伸びてインハイにストレート133キロが外れて會澤に死球を与える。

上原は、コッキングした右肘が下がり、左足の着地前も着地後も横回転の投手になった。

野間は、インローのフォークを、ステイバックのときに、頭が若干前に出されて、ヘッドを残して打つが、泳いでしまい、二飛。

田中広輔は、インハイ(左打者のアウトハイ)のストレート136キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打ち、センター前ヒット。

菊池は、アウトローのフォーク130キロを左膝の上げ下げも全くといっていいほどせず、見逃し三振。

8回表

澤村は、右肘が上がらず、左肩、左膝の割れに遅れて右肘が出ていき、三塁側に右足を着地させてフォロースルーを止める。

丸は、アウトローのフォーク144キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打つが、一ゴロ。

澤村は、7球目、右腕上腕部を外旋→内旋したときに、右肘が下がり、手首が寝て、ストレート151キロがアウトローに外れ、鈴木に四球を与える。

松山は、アウトローのストレート153キロを、ヘッドを残してレフト前に落ちるヒットを打つ。

バティスタは、ほぼノーステップで、アウトコースベルトの高さのストレート153キロを見逃し三振。

西川は、右膝を急ピッチで上げるが、真ん中低目のフォーク144キロを空振り三振。

始動が遅れている。

9回表

會澤は、真ん中のストレート153キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて、センター前ヒットを打つ。

新井は、左膝を上げるのが遅れ、左膝を下してからスイングし、アウトローのスライダー135キロを空振り三振。

マシスンは、14球目、ストレート150キロがアウトハイに外れ、田中広輔に四球を与える。

菊池には、右腕前腕部が回外して右肘が下がってから上げて、インハイにスライダー127キロが外れ、左腕上腕部に死球を与える。

丸は、インコースのベルトの高さのストレート153キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて、二ゴロを打つ。

広島3-6巨人。

マシスンは、右腕上腕部が外旋→内旋したときに右肘が下がり、手首が寝て、アウトローにスライダー134キロをワンバウンドさせ、鈴木に四球を与える。

松山は、インコースのベルトの高さのストレート152キロを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けてボールの上っ面を打ち、トップスピンがかかり、地を這うゴロになる。

坂本は捕球後、一回転して送球するがワンバウンド。

広島4-6巨人。

バティスタは、アウトコースベルトの高さのスライダー136キロを、左膝を上げ下しした後、ステイバックなしで振り下ろし始め、空振り三振。

試合終了。

試合データ

13回戦

2018年7月8日 14:00 東京ドーム

勝利投手 今村信貴 2勝2敗

敗戦投手 岡田明丈 6勝3敗

捕手:(広)會澤

捕手:(巨)宇佐美小林(9回表)

本塁打

バティスタ13号ソロ(今村信貴)120m

岡本15号2ラン(岡田)115m

走塁死 坂本(1回裏)

暴投 フランスア(6回裏)

失策 西川(4回裏)

残塁(広)6 (巨)11

併殺打(広)0 (巨)0

試合時間3時間41分

対戦成績 広島9勝4敗(通算 730勝969敗 58分)。

[追記]

堂林vsマシスンは、過去13打数 3安打 .241 1本 2打点 7三振(鈴木誠也 15-4 .267  1本 1打点 2四球 6三振)。

堂林がマシスンから本塁打を打ったのは、憶えているが、それがマシスンから打った唯一のヒットかと思ってたらそうでないんだな。

堂林は、マシスンからそれなりに打っているが、マシスンと対戦する前に3打席立っている打者ならまだしも、いきなり代打で出てマシスンからヒットを打つのは相当難しいだろう。