2018広島vsDeNA8回戦。石田健大から追加点を奪えず、終盤に逆転される。

大瀬良は、要所で下半身を使ったピッチングで6回1失点。

大瀬良が、バントをした後の走塁中に左太腿裏を故障。

左ハムストリングスは、リリースする瞬間に左足を突っ張らせ、左膝を伸ばして、壁を作り、フォロースルーの際の右足の一塁側にターンをする際に軸として体全体を支える、右投手にとっては、ピッチングをする上で最も重要な箇所の一つだ。

故障の程度次第では、復帰までに相応の期間を要する。

投手陣全体の再編成を余儀なくされる。

ワンポイントで飯田を使わなかったことについて緒方を責めるファンもいるが、飯田じゃ、無理だ。

DeNA打線は抑えられない。

Jacksonを二軍に落としてヘルウェグを使えという声もあるが、調整を経たとしてもヘルウェグも通用しないよ。

大瀬良降板後は、一岡、Jackson、アドゥワと現状採り得るベストの手段を尽くし、3連投のJacksonが、右肩、右肘を損耗していたというフィジカル面が原因で打たれたわけだから、俺は、Jacksonもアドゥワも緒方も責めないよ。

この試合は、石田から5~7回に、1安打しか打てなかったことが第一の敗因だ。

連勝が続くと中継ぎ、抑えの投手が登板過多になる。

中﨑を出さずに負けただけ益しだろう。

得点経過

4回表、石田は、トップを作る過程で、左腕上腕部は外旋。

左腕前腕部は、回内し、コックした左肘と共に、一塁側に倒れている。

左肘は下がっていない。

右肩、右膝が割れ、トップを作り切らない内に、左肘を推進。

最大外旋位のとき、左胸、骨盤が打者の正面を向く。

バティスタは、真ん中のストレートを、ヘッドをボールの外側に入れて、ボールを擦り、バックスピンをかけて、左中間に本塁打。

広島4-0DeNA

4回裏

大瀬良は、右足踵に重心をかけ、左膝を2回上げ下げし、上体が一塁側に反る。

テイクバックのときに、右腕が背中の側に入る。

トップを作ったとき、右腕上腕部は、外旋。

右腕前腕部は、回内して一塁側に傾く。

最大外旋位のとき、右胸と骨盤が打者の正面を向く。

三塁側に右足を着地させてフォロースルーを止める。

ロペスは、真ん中のストレートを、ヘッドをボールの外側に入れて壁を作ってレフトスタンドにソロ本塁打。

広島4-1DeNA

6回裏、一死から、ソトは、アウトコースベルトの高さのカットボールを、壁を作って左中間に二塁打を打つ。

しかし、左膝を上げてから、ステイバックのときにかけて左肘がへそに着くぐらい、左肩が内に入り、上体がベースに覆いかぶさるので、インコースベルトの高さより上のボールに弱点がある。

8回裏

乙坂は、真ん中高目のストレートを、ヘッドをボールの外側に入れて、センター前ヒットを打つ。

柴田は、インコースベルトの高さのシュート回転した球152キロを、ヘッドを残し、レフト線に打つ。

野間は、レフト線を破られず、シングルヒット、ランナー一塁、二塁に止める。

Jacksonは、トップを作ったとき、右腕上腕部は外旋しているが、背中の側に入り、凹む。

右腕前腕部は、回外しかかり、背中の側に入る。

コックした右肘は、背中の側に入り、沈む。

神里は、真ん中のスライダーを、ヘッドをボールの外側に入れて、ライトスタンドに3ラン本塁打を打つ。

9回裏

アドゥワは、5球目、テイクバックのときに、右腕が背中の側に入る。

トップを作ったときに、右腕上腕部が外旋し、背中の側に入る。

右腕前腕部は回外しかかり、三塁側に傾く。

コックした右肘が背中側に傾き、沈む。

左肩、左膝が割れる。

右腕上腕部を外旋→内旋したときに、右肘が伸びてトップの位置が下がり、頭とトップの距離が離れる。

インローにフォーシームが外れて乙坂に四球を与える。

柴田は、インローのストレートをピッチャー前にバント。

神里には、投げずに四球を与える。

佐野は、真ん中のチェンジアップを、ヘッドをボールの外側に入れて引っ掛けて打ち、ライトフェンス下方に直撃する二塁打。

広島4-5DeNA

試合データ

8回戦

2018年6月29日 18:00 横浜

勝利投手 山﨑康晃 2勝2敗 15S

敗戦投手 アドゥワ誠 2勝1敗 0S

ホールド 一岡

捕手(広島)會澤ー石原(8回裏)

捕手(DeNA)髙城ー嶺井(8回表)

残塁(広島)8 (DeNA)8

併殺打(広島)0 (DeNA)1

本塁打

バティスタ12号ソロ(石田)130m

ロペス16号ソロ(大瀬良)110m

神里5号3ラン(Jackson)128m

盗塁 上本(9回表)

試合時間 3時間14分

対戦成績 広島4勝3敗 1分(通算891勝799敗 57分)