2018広島vs巨人。九里6回4失点で3勝目。

試合は、巨人打線が追い上げると、カープ打線が追加点を取ってリードを広げ、終盤2点差まで追い上げられたが逃げ切ったという試合でした。

勝ち方としては、強いチームの勝ち方とは言えないでしょう。

九里、田口の両先発もピリっとしませんでしたが、どちらかというと、初回を除き、九里の方が肩、肘の状態は良くなかったですね。

それでも、6回4失点と試合を作りました。

一岡は、3,5球目でワンバウンドさせたボールは、リリースポイントを経るまでの過程で右肘の位置が下がり、又、バックのエラーもありました。

それ以外は、トップを作ったときに、頭の高さより肩、肘の位置が上がっていますので、左肩を、内旋させてくる左股関節と右肘を結ぶラインとぶつけて、弾き出されるようにして、左肩の開きを遅らせれるか。

それと、右足のターンを止めないこと。

そうすれば、防御率も回復していくでしょう。

両チーム打線は、ヘッドの下がりを抑えて引っ張れており、よく振れていると思います。

九里亜蓮、田口麗斗両先発のピッチング

1回表九里は、三塁側に右足を着地させてフォロースルーを止める。

坂本は、ヘッドを残して打つがライトフライ。

九里は、リリースの瞬間、左足が突っ張らず、左膝の壁は崩れたが、右足を一塁側にターンさせ上体を一塁側に倒してフォロースルー

陽は、空振り三振。

右足を一塁側にターンさせ上体を一塁側に倒してフォロースルー

マギーは、ヘッドが遅れて失速した遊直。

田口は、左足拇指球に重心を移したときに、左足踵が浮かせて投げるが、一塁側に右足を着地させてフォロースルーを止める。

田中広輔は、アウトコースベルトの高さのストレートを、ヘッドを残してヘッドをボールの外側に入れてセンター前ヒット。

菊池は、アウトハイのスライダー122キロを、ヘッドを残してライト前ヒット。

田口は、テイクバックのときに左腕が背中の側に入る。

トップを作ったときに、左腕上腕部は外旋、左腕前腕部が回内しているが、一塁側に傾き、右肩が割れる。

右肩、右膝の割れに左肘の出が遅れる。

左腕上腕部を外旋→内旋したときに、左肘、トップの位置が下がり、ボールを引っ掛ける。

スライダーがワウトローにワンバウンドして丸に四球を与える。

鈴木は、真ん中低目のスライダー125キロを、ヘッドをボールの外側に入れてヘッドの下がりを抑えてセンター前ヒット。

広島2-0巨人

新井は、ヘッドを残して、真ん中低目のストレート142キロを、ヘッドを残してライト前ヒット。

広島3-0巨人

野間は、インハイのストレート138キロを、ヘッドをボールの外側に入れて打ち、トップスピンがかかり、地を這うゴロ。

広島4-0巨人。

二塁フォースドアウトのみで、野間は出塁。

會澤は、アウトローのストレートを打って三ゴロ併殺。

3回表、一死から、田口は、アウトローのナックルカーブを打ち、ライトへ二塁打。

坂本は、アウトハイのストレート143キロを打って一飛。

九里は、42球目ナックルカーブを、44球目にスライダーをアウトローにワンバウンドさせる。

九里は、46球目、アウトコースベルトの高さのフォーシーム139キロが外れて陽に四球を与える。

九里は、28球目、トップを作ったときに、右腕上腕部を外旋、右腕前腕部が回外して三塁側に倒れ、コックした右肘が下がる。

左肩、左膝が割れる。

一塁側に右足をターンさせてフォロースルーをする。

マギーは、インコースベルトの高さのフォーク130キロを、ヘッドをボールの外側に入れてヘッドの下がりを抑えてレフトポール際に本塁打。

広島4-3巨人。

3回裏、丸は、アウトハイのストレートをレフト前ヒット。

丸は、打者鈴木のカウント1-0から、田口がインローにスライダーを投げたときに、二盗に失敗。

田口は、55球目、プレートの一塁側を踏んで右膝を上げる。

テイクバックのときに、左腕が背中の側に入り、トップを作ったときに、左腕上腕部は外旋、左腕前腕部が回内し、一塁側に倒れる。

右肩が割れ、右足がインステップ。

鈴木は、ステイバックのときに、頭を後ろの骨盤に乗せ、左膝を前に運んで割れを作る。

右膝がルーズに曲がる。

右足の踵が浮き、ヘッドをボールの外側に入れてボールを擦りバックスピンをかける。

左足の踵に重心を移していく。

鈴木は、真ん中のスライダー130キロを、レフトスタンドに本塁打。

広島5-3

5回裏、谷岡は、インハイのフォークが外れて、菊池に四球を与える。

谷岡は、トップを作ったとき、右腕上腕部は外旋。

右腕前腕部は回外しかかり、三塁側に傾く。

右肘は背中の側に入る。

左肩、左膝が割れる。

丸は、インコースベルトの高さのストレートを、ヘッドをボールの外側に入れて右中間に二塁打を打つ。

広島6-3巨人。

6回表

九里は、トップを作ったときに、右腕上腕部が外旋しているが、右腕前腕部は回外しかかる。

右腕前腕部が背中の側に傾き、右肘の外側が下がる。

陽は、真ん中高目のストレート139キロを、ヘッドを残して、ボールの内側からヘッドをぶつけ、スライス回転がかかるが、ライトスタンドに本塁打。

広島6-4巨人。

6回裏

田中広輔は、アウトコースベルトの高さのスライダー130キロを、ヘッドの外側にボールを入れて、センター前ヒットを打つ。

菊池は、真ん中低目のストレート136キロを、左足の拇指球に重心をかけて一塁側にバント。

丸は、インローのストレートを、ヘッドの外側にボールを入れてライト前ヒット。

広島8-4巨人。

7回表

一岡は、3球目トップを作ったとき、右肘は上がり、トップの位置も高く、頭の近くにあるが、左肩、左膝が割れる。

大城は、アウトローにワンバウンドしたフォークを空振り三振するが、振り逃げ。

中井は、真ん中高目のストレート143キロを打って右飛。

坂本は、アウトハイのストレート144キロを空振り三振

陽は、インコースベルトの高さのストレートをライト前ヒット。

一岡は、トップを作ったときに、右腕上腕部が外旋。

右腕前腕部が回外しかかり、右肘と共に、背中の側に傾く。

マギーは、アウトローのスライダー136キロを、ヘッドを残してライト線にヒット。

広島8-5巨人。

一岡は、トップを作ったときに、右腕上腕部が外旋。

右腕前腕部が回内しているが三塁側に傾く。

左肩が割れる。

岡本は、真ん中低目のフォークをヘッドをボールの外側に入れて打ち、三ゴロ。

小窪は、左足の前でフォアハンドで捕球。

体の向きを変え、ボールを握り直して、トップを作るのが左膝の割れに遅れ、一塁送球がハーフバウンドしてゴロとなる。

三ゴロエラーで、広島8-6巨人

亀井は、インローのストレート144キロを、ヘッドの外にボールを引っ掛けて打ち、ニゴロ。

次の試合の見どころ

次の試合は、髙橋昂也と日付けすると中5日の菅野の先発。

菅野には、カット打法やセーフティバントなんてレベルの低い作戦は、通用しません。

カット打法は、始動(ヒッチ→トップ)を遅らせて振りますから、それを継続すれば、どんどん野球が下手くそになります。

カープ打線は、体に近い、バットとボールの距離が取りずらいところに来たら初球からでも振っていくことです。

結果、差されてフライアウト、ゴロアウトになっても、俺は文句を言いません。

菅野も、ギアを上げて投げるのは、100球中、20球あるかどうかです。

序盤に三振を取り過ぎて、中盤に捕まったことがあるので、もっと少ないかもしれません。

菅野は、右足を三塁側に着地させてフォロースルーを止めます。

スイングの結果として、最も体感速度の速いところでタイミングをつかんで、ヘッドをボールの外側に入れてインロー、アウトハイの失投をいかに打ち損じないかでしょう。

高橋昂也は、フランスア同様、担ぎ投げをするので、スライダーが変化し始めるのが早いので、巨人打線は、振らないでしょう。

巨人打線は、右打者は、低目はヘッドを残し、高目は、インローとインハイ、真ん中高目は、ヘッドをボールの外側に入れて打ってきます。

左打者は、インローは、ヘッドをボールの外側に入れて、アウトハイは、壁を作って逆方向に打ってきます。

高橋昂也は、カットボール主体でいくことです。

かといって、ストレート、カットボールばかりを使っても打たれます。

カーブスライダーを使って、カットボールを速く見せる。

右打者、左打者共に、左足を三塁側にターンさせて上体を三塁側に倒してフォロースルーをしっかりやって、左打者にインコース、右打者に、アウトコース(右打者から見ればインハイ)のベルトより上のカットボールでいかに巨人打線を差し込むことができるかです。

左打者のインコースのベルトより上にカットボールを投げるときは、プレートの三塁側を踏んで投げることです。

坂本は、左足の探りが遠回りするので、坂本にも、アウトハイ(坂本から見ればインハイ)を使って下さい。

その逆パターンとして、カーブスライダー、フォークは、インロー、アウトローのコーナーではなく、アウトローより打者の体に近いど真ん中、又は肩口に投げる。

勝負球は、カーブ、スライダーではなく、カットボール、フォークを優先して使う。

坂本と陽は、ヘッドをボールの内側に入れて、ボールの内側にヘッドをぶつけるので、インハイ(右打者から見ればアウトハイ)のカットボールも使える。

左打者にもインローは厳禁ですが、特に、岡本、マギー、坂本、陽、長野には、アウトロー(右打者から見ればインロー)は、ストレート系、その他変化球問わず、厳禁です。

ここまで述べてきたことが実行できれば、カープ打線が菅野から4点取って、髙橋昂也が6回3失点に抑えることはあり得ます。

巨人の話になるが、岡本は、4番から外したらダメだ。

メンタルの話じゃないです。

鈴木誠也のときにも書きましたが、難しいボールを打っていかないと打撃のレベルが上がらないからです。

試合データ

9回戦

2018年6月27日 18:00 マツダスタジアム

勝利投手 九里3勝2敗 0S

敗戦投手 田口 2勝5敗

セーブ 中﨑 0勝0敗 19S

ホールド Jackson

捕手(巨)小林ー大城(3回裏)

捕手(広)會澤ー石原(8回表)

本塁打

マギー7号3ラン(九里)110m

鈴木11号ソロ(田口)130m

陽3号ソロ(九里)105m

残塁(巨)6 (広)7

併殺打(巨)1 (広)1

盗塁死 丸(3回裏) 堂林(7回裏)

牽制死 大城(5回表)

暴投 一岡(7回表)

失策 小窪(7回表)

試合時間 3時間38分

対戦成績 広島7勝2敗(通算728勝967敗)