MVPを受賞した丸佳浩の打撃を解析する。

今季の丸佳浩

丸は、今シーズン、ロペスと同数ながら、最多安打のタイトルを獲得し、勝利打点13もリーグ1位(阿部と同数)。

先制、勝ち越し、逆転、サヨナラ打の合計数25は、福留、筒香に次ぎ、バレンティンと並び、リーグ3位。

リーグ連覇に貢献し、MVPを獲得。

556打数 171安打 .308      23本  92打点。

2014年以来の打率3割、本塁打と打点は、自己新記録を更新。

2年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞。

そんな丸の打撃を解析してみよう。

丸佳浩のバッティング

丸は、オープンスタンスで立ち、

投手が右足を上げたときに、左足で地面を踏んで、ヘッドを下げて同期(シンクロ)します。

バッティングにおける始動が早い原因です。

投手が重心を落とし始めたときに、右足を上げてヒッチします(グリップを下げる)。

頭が左足の骨盤の上に乗っています。

丸は、足を下して、グリップを上げてトップを作ります。

左足が後ろに下がらずに、左足全体で地面を踏んでいます。

昨年までと違うのは、バットと頭の距離が短いこと。

右足で弧を描かずに、くるぶしを投手側に向けて着地します。

左足のスパイクの内側を地面にかませています。

トップの位置をキープしています。

よって、バットがインサイドアウトで出ていきます。

体幹が後ろ斜め上に引っ張られ、左足内転筋が内側に向かってうねり上げられています。

頭が前に出されません。

投手は、前腕部を内旋し始めていますが、丸は、未だバットを振り下ろしていません。

 

左足でエッジをかけたまま(地面にかませること)左足を前に運んでいます。

右足の踵から着地し、右足の踵から着地させて、両大腿部をうねり上げていく打ち方は、昨年と同様で、ホームラン打者というよりは、中距離のアベレージヒッターの打ち方。

前の腰が横にズレています。

踵で着地したことも相俟って、バットが体の近くで回ります。

インパクトの過程も、頭が左足の上に乗っています。

始動を早めたことで、スイングして、スイングを加速していった結果として間が取れていたことになります。

振り切ったときに、頭の後ろで止まり、背中までは、達しません。

右足のくるぶしを地面につけてスイングを止めます。

左足に重心が残っています。

右足を股関節の外旋方向と同じ方向にターンすると、ライトスタンドへの本塁打が増えます。

中距離のアベレージヒッターのスイングです。

2016年の打撃と異なるのは、やはり、ヒッチしても、頭が前に出されなかったこと。

昨年は、着地したときに、右膝が割れていましたが、今年は、右膝を絞っているので、飛距離が出るようになりました。

各種成績

コース別打撃成績

 

右投手

 

左投手

腰の回転で産み出した瞬発力がバットに伝わるインローのすぐ外の真ん中低めを、右投手からも、左投手からも打っている。

右打者が投げたインローが打てないのは、腸腰筋、股関節の外旋を遅らせ、ステップ足が拇指球回転ではなく踵回転なので、左肘を内側に入れて先行させていったときの肘の高さが拇指球回転の場合より高くなることと関係があるだろう。

踵がロックされ、体の近くにバットの軌道ができるので、外の球は、腕が伸びてロックされることがある

球種別成績

 

ストレート  247 – 88       .356     16本

スライダー  123 – 36      .293        1本

シュート     43 – 15      .349        3本

フォーク        49 –  9      .184

カーブ        34 – 8      .235       1本

カットボール  30 – 5      .167       1本

シンカー      3 – 1       .333

フォーシームよりも失速の少ないカットボールの打率が最も低い。

ステップ足を踵回転にしたことも関係あるだろう。

打球方向

左方向 210-40   .190  8本

中方向 228-68   .298   6本

右方向 114-63  .553   10本

うねり打法と併せて、オープンスタンスの左打者は、右打者に比べ、開いた状態から、ステップ足を内に入れて、腰の回転で産み出した瞬発力をぶつけて振り切るのが難しいので、逆方向の当たりが増える。

主な投手との対戦成績

菅野          11 – 0     .000     5振

田口        19 – 4    .211     3振

マイコラス     15-5     .333      6振

畠      7 -3     .429     3本   4打点

宮國     9-4      .444        2打点  2振

Mathieson    2 -0     .000     1振

山中    7-4     .571     2打点     1振

原樹里   8-4     .500     1本  3打点  1振

石川   14 – 4    .286     3打点  5振

小川        14 – 3    .214     2打点  4振

ブキャナン  13-2     .154     4振

ルーキ       4-0     .000     2振

石山      6-2     .333     1本  2打点 2振

杉浦    1 – 1     .1000     1本  1打点

エスコバー 8 – 5    .625     1打点

ウィーランド    14 – 7     .500     3本 4打点

濱口  8 – 3     .375     2打点  2振

石田      6 – 2     .333     1振

今永     19 –  0     .000     1振

井納  5-1     .200     1振

パットン   4 – 1     .250    2振

砂田   7 – 1     .143     2振

山﨑康晃  4 – 0     .000     2振

柳   5 – 2     .400    1本  1打点  1振

吉見  5 – 3     .600     1打点

バルデス  11 – 4    .364    1打点  1振

又吉   6 – 2     .333     1本  1打点    1振

小笠原  12 – 3     .250      1振

大野  3 – 1     .333    1振

鈴木翔太   7 – 1     .143

岡田  4 -1     .250

笠原  8 – 3     .375      4打点  2振

谷元  3 – 1     .333     1本  3打点

岩瀬  5 – 2     .400     1振

田島  5 – 1     .200     3振

メッセンジャー 12 – 2     .167     1打点 4振

能見  9 – 4      .444     1打点 1振

岩貞  7 – 2    .286    1本 3打点 3振

藤浪  5 – 1     .200

小野  7 -2   .286   1本 3打点 1振

岩崎  14 – 6    .429    3打点  2振

髙橋聡文 5 – 2     .400    1打点

桑原  3 – 0    .000

マテオ 4 -2    .500    1点  2振

ドリス 4 -1   .250    1振

福永  2 – 1    .500   1本 2打点

柳瀬  2 – 1     .500    1本  2打点

涌井 4 – 1    .250     1振

佐々木千隼 3 – 2    .667   1本  3点

金子千尋   3 – 1     .333

バンデンハーク     3 – 3    .1000    3本 3打点

美馬 3 – 0    .000    3振

岸  3 – 0    .000    1振

野上 3 -1   .333     1打点

メンドーサ 3 -0    .000

加藤貴之 3 – 2    .667

菅野には、完璧に封じられた。ステップ足は、かかと回転にしたことも原因の一つだろう。

その他

二塁打 35

三塁打  3

犠 打2

犠飛 6

87四死球(死球4)

113三振

盗塁 13  盗塁死 3

失策 2

出塁率 .398

長打率  .505

OPS .903

得点圏打率  .318 得点圏安打  50本

ストライク空振り率  11.60%

ボール見逃し率 80.83 %

ストライク見逃し率  26.40%

2ストライクを取られてからの打率  267 – 58 .217 6本

※文中データは、データで楽しむプロ野球を基に作成しています。

まとめ

シンクロ打法により、始動(トップを作ること)が早くなりましたので、

投手が、股関節の内旋をし続けたり、前の足を上げ続けて重心移動を遅らせれば投手が瞬発力を消耗させるだけで、打者は、スイングするまでに間ができますので、打者のスイングを崩すのが難しいでしょう。

前の足の拇指球で回転する場合よりも、前の足の踵で着地し回転する場合の方が、前膝がロックされますので、外の変化球に前に出されなくなる一方で、インサイドアウトで体の近くにグリップを巻きつける打ち方の限界を超えると、差されやすくなるので、後ろ(テイクバック)が小さく、前が大きい(打者の近くでリリースする)投手に、始動を早めた後、どのように対応していくかでしょう(例えば、目線から近いところは、前の足は、ミートするまでの過程は拇指球回転でスイングし、フォロースルーの過程になってから踵回転するとか)。