広島7-6巨人。福井今季初勝利。

26/04/2017 5回戦 広島7-6巨人 マツダスタジアム

第2戦の先発は、福井と大竹

福井は、この試合前まで、巨人戦は、プロ入り通算で21試合 8勝2敗 防御率2.41

福井は、初球から三塁方向に足首から先で蹴ったり、膝下をテイクバックして左足で弧を描いていない。

福井はテイクバックでラインができ、三角筋もそれなりに使えている。

昨年までより投球動作は改善されている。

1回表

初球から、上げた足を真下に降ろし、弧を描かずにステップ。

立岡 インハイシュート144キロライトフライ

中井 真ん中高めの真っすぐ143キロ。

後ろの手手動でストロークを短くして前で壁を作って打つ。 レフトに本塁打。

広島0-1巨人

坂本 真ん中低めのフォークを遊ゴロ

阿部 福井は、投げ終わった後、左膝が立つ。

2球目のインローの縦のスライダー落ちる。

阿部は空振り。

インハイ145キロ 詰まってセカンド後方のフライ。

1回裏

大竹は、足を真下に落とし、左膝は、弧を描いていない。

田中 アウトコースのベルトの高さのチェンジアップをレフトフライ

菊池 アウトコースのベルトの高さの真っすぐ144キロ見逃し三振

丸 インハイ143キロの真っすぐを股関節を使って、

パンパンとボールの軌道とバットを水平に当て、後ろの手を主導でライト前に打つ。

ディレードスチール

大竹は、本塁に2歩ステップ 二塁方向にステップする。ボーク

鈴木 インコースのベルトの高さのシュート144キロを懐を深くして打つが、投ゴロ

大竹ははじくが一塁送球。

二回表

マギー アウトハイのスライダーをバットの先に当てセンターに打ち上げる。ヒットになる。

亀井 アウトハイ真っすぐ142キロ センターフライ

橋本に対し、福井はリリースのとき、手首が寝る。

インローカットボール外れ、カウント3-2になる。

橋本は、真ん中低めのフォークを手首返し早くならずにライト前に持っていく。

一死一、二塁

小林 インハイ144キロ インフィールドフライ宣告 一飛。

大竹 アウトロー真っすぐ144キロ外れて四球

立岡に対し、初球は握りの深くないツーシーム系のフォーク。

福井は、テイクバック浅く、真下に足を落とし、左足で弧は描かないが、

ステップが小さい。着地する前に腕が出てくる。

膝がつま先より前に出て、2球目の真っすぐ系は、沈むシュートのようにボールは失速する。

スプリット外れて2-1になる。

真ん中高めのフォークをボールの軌道に水平に当て左手でサポート、ライト前に落とす。

広島0-3巨人

福井は、手首を立てて投げる。

中井 真ん中フォークをセンターフライ

2回裏

松山 インハイ142キロを左肩を下げつつ、右肘を伸ばして前で壁を作って左中間を破る二塁打。

安部 アウトローシュート142キロを手首の返しが早くならずに、開きを抑えてセンター前。

広島1-3巨人

3回表

坂本は、球受ける 着地と同時に始動。

真ん中シュートを三ゴロ。

阿部 アウトコースのベルトの高さのフォークをバットの下に当てる。

二ゴロ

マギー 福井はリリース後に左膝伸びる。 初球のインコースのフォーク落ちる。

3球目フォーク手首寝る。フォークがアウトローに外れる。

見送られる。

マギーは、インハイカット系の球を肩甲骨を使い、肘を走らせる。

亀井 インハイ真っすぐ143キロに差される。 捕邪飛

3回裏

福井三振の後

田中 外からの外スラ。

大竹はテイクバックのときにラインができ、三角筋使い、指先で強くリリースしている。

田中 空振り三振

菊池はアウトローのカーブで遊ゴロ

4回表

橋本 真ん中高めフォークでライトフライ

小林 インコースベルトの高さのフォークを三塁線に二塁打

大竹に対し、福井は、仕上げの右足の蹴りが十分でなく、肘が伸びて高めに外れる。

顔の近くだから、振ってくれた。

最後はアウトコースのベルトの高さの真っすぐ143キロ見逃し三振

打者立岡のところで、二塁牽制アウト

4回裏

丸 四球

鈴木 両足ルーズに構える。

飛び上がってインコースベルトの高さバットがボールの下、空振り。

両肘、両脇を開けて、骨盤の上に上体を乗せ、両肩を水平、本塁ベース方向に前傾

インハイ142キロ股関節、肩甲骨周辺の筋肉を使って左肘を締めて打つ。

前の膝も曲がり、後ろの膝もルーズに曲がる。

手首もしっかりと返す。

三塁線を破る二塁打

広島2-3巨人

松山 真ん中チェンジアップを肩甲骨周辺の筋肉を使ってストロークを短く、ライト前。

広島3-3巨人 同点

無死一塁

安部 バント ベースで跳ねる 芝で沈む

無死一、二塁

西川 アウトコースのベルトの高さのシュート140キロ

遊ゴロ 二塁forced out

一死一 三塁

會澤のところで大竹は、スライダーを投げてとき手首が寝る。

會澤は、1,2球見逃す。

真ん中高めスライダーをバットの下に当てニゴロ。

二死一、二塁

福井 空振り三振。

5回表

立岡 アウトハイ真っすぐ141キロ外れてストレートの四球

中井 インコースベルトの高さのフォークを三ゴロ併殺

坂本 鈴木が最後までボールから目を離さずキャッチ、結果として滑る。

6回表

阿部 アウトハイ 真っすぐ外れて四球

マギー 真ん中高め143キロに差される。センターフライ。

亀井 アウトハイシュート144キロをレフトフライ。

橋本 真ん中低めフォークで投ゴロ。

6回裏

鈴木誠也 アウトロースライダー見送り、四球

大竹降板

大竹は5回0/3 94球 5安打 6奪三振 2四球 4自責

4回以外は、まずまずの出来。

左の池田に交代。

松山の代打エルドレッド インローの見やすいコースのチェンジアップを打ち、低い弾道のゴロで抜けるセンター前安打

安部 バント 一死二、三塁

西川の代打新井 歩かせる 一死満塁

會澤 アウトハイチェンジアップをヘッドを残してセンターに打つ。

広島5-3巨人

福井の代打堂林 ヘッドの入れ方はいい。 アウトハイのチェンジアップ体の近くでグリップを回しながら

バットを出して打つ。犠飛

広島6-3巨人

しっかりとダメを押せました。

福井は、6回 93球 6安打 1被本塁打 1奪三振 3四球 3自責

リリースのときの手首の使い方が一定せず、ボールを引っかけて見送られたり、下半身の使い方も完璧ではないが、

ルーズにスイングできるところに投げながらも、左足で弧を描くところが修正されて、辛うじて力が逃げ切らず、

序盤の3点に留めた。

佐々岡コーチもファームの数字にとらわれずに、投球動作が概ねできているから昇格させています。

畝コーチは動作解析の専門家ですから、福井の投球動作を見て4~5回で交代させずに、6回も投げさせています。

7回表 藪田が登板

投球動作は、いつものとおり。

小林 アウトハイ153キロの真っすぐの後

アウトハイのカットボール145キロをポイント前で打つ。

腕が伸びるので引っ張ったり、下に入れるのが難しい

手首の返り早くなく、センター前に落とす。

石川 アウトコースのベルトの高さ149キロを内から外 前を大きくライト前にゴロの安打

立岡 アウトコースのベルトの高さの135キロシュートをライト前に落とす。

無死満塁

中井 差される ファウル バックスピン

アウトローのカットボールを手首返すのが早く、遊ゴロに打ち取る。

二塁forced out 一死一、三塁

広島6-4巨人

インコース寄り真ん中148キロ坂本の膝伸びてファウル カウント2-2

アウトコースのベルトの高さの真っすぐ系148キロを開きつつ、バットを放り投げるように出し、ライト前安打。

広島6-5巨人

真ん中カットボールをストロークを短く前で捕らえ、阿部が引っ張る。

鈴木が最短距離で追いつく。

マギーに対し、薮田は、三角筋を使い、真下にねじる。

アウトコースのベルトの高さのカットボール143キロで見逃し三振。

藪田は、1回 35球 4安打 1奪三振 2失点(自責同じ)

藪田は、同点に追いつかれず踏み留まる。

僅差で起用できる。

7回裏 右の篠原が登板

左足を真下に落とし、左足は弧描かない。テイクバックのとき、ラインができている。

リリースは、真下にねじる。

菊池 四球

丸 篠原はリリースのとき手首寝る。

丸にインロー、アウトローを見送られる。

アウトロー144キロセンターフライ。

鈴木 アウトハイ145キロをレフトフライ。

エルドレッド 篠原は肘伸びるが、エルドレッドは、アウトコースのベルトの高さの145キロに差される。

スライダーを手首を立てて前で放す3-2になる。

アウトロースライダーをボールに引っかけて見送り、四球。

安部がアウトコースのベルトの高さのスライダーを股関節を使って引っ張る。

広島7-5巨人

安部は、打者では、會澤に次ぐ仕事をしました。

新井 インコースベルトの高さのシュート145キロをセンター返し。

二死満塁

會澤 真ん中低めベルトの高さの真っすぐを遊ゴロ、2塁forced out

8回表 Jackson

膝下をテイクバックして、真下に降ろし、ストレートに足を踏み出す。

三角筋を使って投げる

人差し指と中指で挟み、縦スラのような軌道のインローにチェンジアップで亀井を空振り三振

脇谷 インハイ真っすぐでセンターに浅いフライ

小林をアウトローのスライダーで空振り三振

投げ終わった後に膝が伸びて良く落ちる。

Jacksonは、1回 13球 2奪三振 無失点

8回裏 左の乾

天谷 アウトハイの真っすぐ外れて四球

田中 バント

菊池 アウトローの真っすぐ144キロにノーステップで体が伸びる。空振り三振

丸 真ん中低め144キロをバットの下に当て、左邪飛

9回表 今村

石川 真ん中高めのスライダーを開かず打つ。

ライトポール付近に落ちる。三塁打になる。

テイクバック ラインができるが、ルーズにスイングしやすいコースにいく。

立岡がアウトハイ真っすぐを打ち、地面固い跳ねる。

菊池は捕ってから速い。

一塁送球アウト。

石川還り、広島7-6巨人

村田 インハイに明らかなボールから抜いたスライダーで空振り三振

簡単そうに見えて窮屈で打ちにくい球。

今村は、1回 15球 1安打 2奪三振 1失点(自責同じ)

これで試合終了

この3連戦1勝1敗のタイ

勝利投手は、福井で、今季初勝利(1勝0敗)

藪田、Jacksonにホールド

セーブは、今村0勝1敗3S

敗戦投手は、大竹で、2勝1敗

対戦成績は、広島の4勝1敗

まとめ

次からも6回3自責ぐらいでいけるでしょう。

広島の先発投手の層は以前よりも厚くなった。

3戦目は、大瀬良と宮國の先発