昨シーズン途中日本球界に復帰した中後悠平のピッチング

中後(なかうしろ)(左左)は、左足踵に重心をかけて左股関節の外旋なしで右膝を上げる。

テイクバックのときに、回転軸が一塁側に傾く。

右足は、踵から着地し、左足は一塁側に左足を着地させてフォロースルーを止める。

コッキングの角度、回転軸の傾きからサイドアームの投手で、最大外旋位のときに打者の正面に両胸、骨盤が向く。

各種指標

球種配分

球場別成績