[どこの野球評論家よりも詳しく解説]オープナー吉田輝星の課題

交流戦、阪神との3連戦の3回戦、先発は、阪神が伊藤将司、日本ハムは吉田輝星
試合後、睡眠を挟んだ後、試合が組まれていないので、日本ハムは、ブルペンデーである。

吉田輝星は、インコースベルトの高さのファストボールに磨きをかける必要がある

  • 先発吉田輝星は、投球動作のギアに関する緩急の付け方は、リリーフで投げているときと同じにしている。吉田は、走者の有無に関係なく、全てセットポジションで投球する。
    左股関節を屈曲、左足首を底屈する。右足の踵にウェイトが移移る。セットを解くと左腕前腕部、右腕前腕部が回外する。左足首を背屈すると右足踵寄りにウェイトが移る。左足首を底屈すると、右膝が折れ、右足小指球にウェイトが移る。左腕前腕部を回内すると左股関節が内旋する。左足踵が左打席の外側のラインに向く。首が両肩峰を結ぶラインの内側に曲がる。右足踵寄りにウェイトが移る。左足首を底屈する。右手親指の腹でボールを叩く前に右足拇指球で地面を荷重してしまう。右肩関節前に左腕前腕部を回外する。ここで両肩を結ぶラインがクローズドスタンスになる。頸反射し、両肩を結ぶラインと首でX軸はできている。右手の小指が立つ前に右足の拇指球で地面を蹴ってしまっている。左足はスパイクの外側の踵寄りから入射する。左股関節がそれに伴い外旋するのは止むを得ないが、右手の小指を立てる間が作れない。右肘をアクセレーションする前に右股関節が伸展してしまう。それでも、右手小指の第二関節を内旋して右手小指基節骨を打者方向に向ける。左股関節を右肩の方に引っ込めることができるが、左股関節を内旋するところまでは左股関節を戻せない。右手親指のしなりを解いていく過程で右手中指の第二関節からボールがズレてしまう。ドアスイングの大山にトップを作る間を与えた。吉田輝星は、アウトコースの投球は、新人のときよりも格段に進化している。しかし、吉田輝星は、今後、リリーフで投げる場合でも、リリーフスタッフが充実して本格的に先発に転向するにしても、インコースベルトの高さのフォストボールに磨きをかける必要があるだろう。要点は下記のとおりである。
  • セットを解けば、右股関節は外旋する。セットを解く前の左足首の背屈が不要である。
  • ボールを右手親指の腹で叩く前に左足の踵を左打席の外側のラインに向けるまでの左股関節の内旋は不要である。左足首を背屈したとき、精々、左足の足の裏を左打席の外側に向けるレベルで十分に足りる。
    吉田輝星は、55球で9つのアウトを取り降板する。スコアは、日本ハム0-4阪神と4点ビハインドとなる。

    阪神先発伊藤将司

    阪神伊藤将司は、右足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、左肩、左足をオープンスタンスにしてセットアップする。左足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせている。ボールは、左手中指の付け根で握る。頸反射はしていない。右腕上腕部は外旋している。セットを解く直前に首を一塁線に向ける。右肩がスクエアスタンスになる。右腕前腕部が内旋する。右腕前腕部、左腕前腕部を回外する。右膝を屈曲し、右足首が底屈する。左足がヒールアップする。頸反射していない。右腕前腕部を回内したとき、グラブを頭より高い位置に上げる。右膝が伸展、右足首が背屈する。右足踵で荷重する。左腕前腕部を回内する。左足小指球にウェイトが移る。左肘はインバートでつまみ上げる。左肘を逆Lにしたとき、左肩関節外転前に頸反射している。左肘をつまみ上げたとき右腕前腕部を回外する。左足小指球にウェイトが移りCアーチが崩れる。右足は、スパイクの内側の踵寄りから入射する。左肘のアクセレーション前に右股関節が外旋する。左肘のアクセレーション後、左手親指のしなりを解いた直後は、頸反射していない。リリースの直前に頸反射する。リリースの瞬間の左腕と背骨の交わる角度、左肘の高さはオーバーハンドである。

    湯浅京己のピッチング

    左肩を左打席の外側のラインからボール3個分入ったところに向ける。首と両肩を結ぶラインの交わる角度を90°にしている。右足のスパイクの外側をプレートの三塁側に沿わせる。グラブは、背骨の右側でベルトの高さにセットする。
    首を左打席の外側のラインからボール2個分入ったところに向ける。左肩が左打席の外側のラインから2.5個分入ったところに向く。
    左腕前腕部、右腕前腕部を回外してセットを解く。左膝は右膝の上の高さでアウトサイドに屈曲する。左肩が左打席の外側のラインからボール3個分入ったところに向く。頸反射している。右腕前腕部を回内する。左足の裏が80°の角度で立つ。頸反射している。左足は、スパイクの内側から入射する。

    谷川昌希のピッチング

    左手親指、右手親指の指先をボールの外側に反らし。右手中指の付け根に嵌める。左手首は、底屈、右手首は背屈している。右腕前腕部は回内、左腕前腕部は回外している。グラブは、背骨の前で胸の高さにセットする。左肩、左膝は、左打席の外側のラインからボール2個分入ったところに向けている。左肩、左膝はスクエアスタンスにしている。首と両肩を結ぶラインの交わる角度は、アウトサイド170°であり、頸反射していない。左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、右足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせている。セットアップの段階では、右股関節は内旋、左股関節は外旋している。
    左膝をヘソの高さで屈曲する。左足首は底屈している。右足踵がヒールアップする。頸反射していない。左腕前腕部、右腕前腕部を回内してセットを解く。左膝を肋骨の下部で屈曲する。左足つま先を二塁ベースの左(遊撃定位置方向)に向ける。左足首が底屈する。右足がヒールアップしている。頸反射していない。
    左腕前腕部、右腕前腕部を回内し、左膝の屈曲をアウトサイド155°、左足首を背屈したときに右足踵が地面を荷重する。
    右肘のアクセレーション前は頸反射している。
    右手首を煽ったところでは頸反射していない。
    右手小指基節骨の角度を55°にして左打席の外側のラインからボール1個分入ったところに向けたところから右手親指のしなりを解く。頸反射する。リリース直前の左膝の屈曲の角度は、150°である。左足がX脚になっている。左足内踝を右足の内踝にぶつけてフィニッシュする。

    投手だけでなく野手の層も浅い

    6回先頭の投手の代打杉谷がリードオフダブル。杉谷と石川亮の双方にランエンドヒットのサインを出し、抜いた変化球待ちでファストボールに差されれば、一点は入る。無死の場合、二塁走者は、進塁におけるトップと帰塁における走塁のトップを交互に作りながらシャッフルをして2wayリードを取るのがセオリー化されている。本塁送球の間に、三塁手が三塁ベースから離れてくれれば、三塁に進塁できる。一塁走者が本塁でアウトになっても一死三塁。外野飛球を打てば犠飛になる。阪神藤浪は、テイクバックが大きい。岩崎は、右膝の屈曲が深い。点差を詰めれば、阪神のリリーフは弱い。終盤、勝ち越しに成功することができないわけではない。
    本塁送球の間に打者走者の石川が三塁に到達できるかと言えば難しい。宇佐美がベンチに残っているので、代打を出してもいいケースであるが、ベースランニングの土台ができていて且つインサイドアウトで振れる選手の層が薄い。新庄はセオリーを採用、石川が右翼にポテンヒット。無死一三塁に留まる。

    オフの補強ポイント

    阪神との3連戦を見て改めて感じたこと
    新庄は、機動力野球、守り勝つ野球では使えないという価値をつけて戦力外通告をした。前日本ハムで盗塁王の西川遥輝のランニングは、右股関節がフロントステップすることがある。戦力外通告は間違いではない。今オフは、外国人でもドラフトでも構わない。肉体の損傷が進行していない、スタンダードWでつまみ上げる→前足のスパイクの外側で入射するの順番で動かす、ブルペンで投げ込まなくても肩ができるオーバーハンド投手の獲得が必要。ランニングの土台ができている遊撃を守れる高校生を獲得し、インサイドアウトスイングを叩き込む必要があるだろう。