昨年自己最高打率、リーグ2位の得点圏打率をマークした雄平のバッティング

オープンスタンスで上体は緩く前傾する。

予備動作はコックを採り入れる。

投手がテイクバックのときに右膝をレッグアップする。

レッグアップの高さは、骨盤よりも下

ステイバックのときに右肩が内に入る。

ステイバックのときにヘッドが立つ。

ステイバックは大きくない。

左足のスパイクの内側でエッジをかけて左足を前に運ぶ。