2020年日本プロ野球最短で6月19日に開幕

私は、マスゴミは全く信用しませんが、少し前から日本のプロ野球は、日付すると2020年6月19日に開幕し、120試合にする案を産経、報知、スポーツニッポンのライターは既に報じています。
NPBの関係者は、ジェイロックフェラーやダビッドロスチャイルドの傀儡ですから、プロ野球は、ロックフェラーやロスチャイルドの利潤次第となりますので、いつ開幕するかが決定したわけではありません。

未だに、オリックスの役員をしている代理人が近鉄の労働者を買収した件については、オリックスを経済上右の勝者、近鉄を被害者とする見解があります。

プロ野球の開幕を遅らせ、試合数を削減することで財務の弱い球団は買収されるとする見解があります。

買収した球団が勝者で、買収された球団は敗者なの?

私は、ホリエモンが逮捕された頃、ロスチャイルド系の企業で、移転価格、PE(Permanent Establishment=和訳恒久的施設)の対応、株式交換、組織再編の現場で仕事をしていました。
私は、無資格者ですが、この分野に関しても、有資格者である会計士、税理士、弁護士よりずっと詳しく、有資格者や公務員なんか軽く捻れます。
有資格者は、奴隷を購入して利潤を権利を得ることができ、それを個人のユダヤ金融に献上しているだけです。有資格者は、専門家でも何でもありません。
M&Aに関して言えば、買収した側の企業の代理人は勝者ではありません。
買収した企業の代理人は、給与の支給を待たせれている被合併法人の労働者を買わされ、土地、建物、固定資産を買わされたわけですから、ロスチャイルドやロックフェラーから借り入れを増やさざるを得ません。上の例で言えば、宮内は法律上の債務損失を負わされた敗者です。ロックフェラーやロスチャイルドの傀儡にすぎません。
無識者である経済学者の言う買収した側が利得を得ているとする見解を信じるなんて、いかにも経済を知らない純粋培養された学者先生ですね。

ロックフェラーやロスチャイルドは、労働をしないだけでなく、土地や建物、株式、労働力商品を買いません。ロックフェラーやロスチャイルドは、法律上の債権者や債務者とはなりません。法律上は、代理人が主役です。
ロックフェラーやロスチャイルドがガリベン野郎にフィクションさせている架空商品、企業の労働者に作らせている土地建物、固定資産、商品やサービスを買っている株主、役員を含む労働者も、ロックフェラーやロスチャイルドから金を借りて労働力を再生産して労働を続けざるを得ませんので、経済上は敗者です。
親会社が法律上存在していても、法人というのは経済上は実体がありません。企業の労働者に金を貸すのは、ロスチャイルドやロックフェラー、チェスター、モルガン、サザーランドといった個人のユダヤ人です。企業の役員、株主、銀行員は、個人のユダヤ金融の代理人人にすぎず、企業の役員、株主、銀行員が金を貸しているのではありません。
親会社の有無は、経済関係上、その企業の財政状態、経営状態が弱いかどうかの基準にはなりません。
ロックフェラーやロスチャイルドは、奴隷を買わせて奴隷に原子力を作らせ金を貸せば、利潤が増大します。
読売巨人の正力松太郎、渡邊恒雄は、選手の年俸に高い価値を付ける代わりに原子力産業を推進しすることでユダヤ金融の利潤に貢献してきました。
カープ球団は、経済上弱くありません。野球ファンとしては広島巨人戦がなくなるのはつまらなくなりますが、経済上は、いっそのこと、読売巨人軍の代表である今村司がカープの選手、スタッフ、資産全部を買ってくれるといいんですよ。選手の年俸も上がりますからね。

商品やサービスが売れなくても、労働者は労働力を再生産して労働をしています。労働の待機も労働力を再生産しているので労働です。
財政状態、業績に付される価値がダウンしても労働者の商品を支払って給与という属性を付し価値を付けるのは、労働者を使っている個人のユダヤ金融の義務です。プロ野球ファンが給与を負担する義務はありません。樽募金をする必要はありません。商品やサービスの購入者が個人のユダヤ金融に代わって支払っているのが現実なのです。

2020レギュラーシーズン120試合もこなす必要があるの?

私の言ったとおり、人民に一律10万円、休業を経済上義務付けられている企業の役員に30万円の支給に併せて、追加で国債をロックフェラーやロスチャイルド、天皇は発行し、日銀の出資者であるロックフェラー、ロスチャイルド、天皇は国債を購入して、労働者に貸付ます。
企業の役員によるロックフェラーやロスチャイルドへの借り入れの申し込みも増加しています。
無利子で貸してくれても、”うわあ・・・優しいな”ではありません。ロックフェラー、ロスチャイルドは無制限に紙幣を脳内で発行できるので、利子なんか取らなくても、貸した金が返ってこなくても100%破産しません。
ロックフェラーやロスチャイルドは、金を貸すことによって労働者をコントロールする関係を構築できるのです。
銀行員に貸し渋りの演技をさせて、労働者がサボらないように牽制し、役員が、役員を含む労働者に給料を与えないように牽制をしているのです。

人民に一律10万円、休業を経済上義務付けられている企業の役員に30万支給だなんて労働者を舐めています。仕事ができなくても労働力を再生産させるのですから、最低でも一人300万は支給しなければいけません。
ロックフェラー、ロスチャイルドは無制限に紙幣を脳内で発行できるので100%破産しません。
日本人は、仕事をしないで金を受け取る人間、特に生活保護を受ける人間を責めますが、欧米や中東、アフリカ、中南米に住む人間は、ユダヤ金融の人間以外の無職の人間が金を受け取ることを責めません。タダ飯を食うことを責めません。公務員を含め労働者は、給付金の辞退をする必要はありません。
労働者は、給与の支給を待たされているので、ロックフェラーやロスチャイルドに対しては、債権者です。
国債は、労働者の借金ではなく、ロックフェラーやロスチャイルドの借金ですから、企業の休業が解除されても、労働者は、労働を強化する必要なんかありません。
企業の役員が借りた金も労働者の借金ではありません。労働者は労働を強化する必要はありません。

プロ野球選手は、6連戦とかダブルヘッダーをこなす必要なんかありません。
2020年のプロ野球のレギュラーシーズンは、120試合をこなす案については、私は、120試合もこなさせる必要はないと思います。
選手がこなす試合が削減したことには、自己都合ではありませんから、また試合のない間も労働力を再生産して準備をしていたのですから、ロックフェラーやロスチャイルドは役員や株主を使って、選手に年俸を減額することなく支給しなければなりません。