ケースに応じた守備走塁攻撃に課題を残す[対オリックス23回戦F3-2Bs]

攻撃面では、2点ビハインドで3回裏、一死二三塁、安打が打てなくても得点できる場面で木村が、振り切ってスライス回転をかけた打球が前進守備の右中間を破り同点とする。2番手以降に投げた投手が試合を作る。7回裏、近藤が一死二塁の場面で右翼塀直撃の打球を産み、勝ち越す。本塁送球の間に近藤が三塁にヘッドスライディングをして三塁に進塁する。
しかし、ケースに応じた守備、ベースランニングを含めた攻撃面では課題を残した。

外野の前進守備

前進守備であろうと深めに守ろうと打球の落下点の後ろに走るというところに変わりはない。右手親指基節骨でボールを叩いてリリースする位置も同じである。いかなるケースであっても、深めに守れば、フェンス直撃の打球でない限りは、現在守っている位置から後ろに走ることなく、グラブの小指側で打球を叩いてベアハンドの肘をフライングエルボー、グラブを持つ側の足をスパイクの外側から入射した後、トップハンドの肩関節を外旋してベアハンドキャッチをすると共にスローイングのトップを作る。前進守備を敷いて打球の落下点の後ろまで走り、グラブの小指側で打球を叩いてベアハンドの肘をフライングエルボー、グラブを持つ側の足をスパイクの外側から入射した後、トップハンドの肩関節を外旋してベアハンドキャッチをすると共にスローイングのトップを作る。前進守備をすると、後ろに下がるという動作のロスが生ずるのである。前進守備の前に落ちる打球であっても、深めに守っていれば、前進守備を敷いた場合よりもスローイングのトップハンドの肩関節を外旋する間が作れるので、前足の股関節が引っ込む。トップハンドの親指の指先しなりが大きくなり、トップハンドの肩関節の内旋運動という回転運動の回転半径が短く、加速距離が長くなる。前進守微を超える打球であるにも関わらず、万波が一旦、左腕前腕部を回内してヘッドステイバックしたことにより、三塁走者がオーバーランを緩めたプレーがクローズアップされているが前進守備は不要なのである。

一死一三塁からのセーフティスクイズ

一回裏一死一三塁、三塁走者は谷内、一塁走者は、近藤である。
オリックスの守りは、一塁手頓宮、二塁手安達、遊撃手紅林、三塁手宗、右翼手中川、中堅手福田周平、左翼手西村凌、捕手伏見、投手竹安であり、全員右投げである。
四番指名打者松本剛は、初球、竹安が右腕前腕部を回内した後、右手親指の指先でグリップを叩く。竹安が右肘をアクセレーションする前に、バントのセットアップが完了する。右手親指のPIP関節が屈曲し、右手親指の指先でグリップを押している。松本は、インハイのストライクゾーンギリギリの投球に対し、右肘を上げる間が作れず、右肩関節を外旋する間が作れず、右肩関節は外旋するが完全にはできない。右手親指の指先をしなすが、完全ではない。右手親指の指先のしなりを解くとヘッドが下がる。
一塁走者の近藤、三塁走者の谷内は、竹安が右肘をアクセレーションする前は、二次リードを取っている。
松本がバントのトップを作ったとき、一塁走者の近藤、三塁走者の谷内は、走塁のトップを作っている。
松本がバントのトップを解除した後、右手親指の基節骨がグリップに当たる前に、一塁走者の近藤、三塁走者の谷内がスタートを切る。
頓宮と竹安がチャージをかける。安達が一塁ベースに走る。紅林が二塁ベースに走る。二塁ベースがガラ空きになる。宗は、マウンド寄りの芝とアンツーカーの境目まで前進する。打球がリリースされた後、宗は、アンツーカーより前に出る。
一塁走者の近藤がハーフウェイを通過した後、紅林が三塁ベースに走る。
竹安が背骨の左側で捕球後、右手で本塁にトスをする。伏見はホームベースの前に出る。竹安が本塁に入る。
谷内が三本間のハーフウェイの内側を通過する前にボールを持った伏見が谷内を三塁ベースに追い詰め始める。紅林は、二三塁間の1/3を通過している。近藤は、右足のスパイクの内側を二塁ベースの一塁側寄りのラインに引っ掛けて停止する。谷内が三塁に戻り始めると、近藤は、二塁ベースをオーバーランする。
捕手の伏見が三塁ベースに走る。宗が谷内を本塁方向に追い詰める。宗が谷内にタッグする。宗は、三塁ベースに送球のトップを作る。近藤は、二三塁間の半分を通過している。紅林は、右肘をフライングエルボーをして右手親指から小指のラインを二塁ベース方向に向けたところで止める。中堅の福田が二塁に走る。
松本の構え遅れだけでなく、近藤が一旦停止したことにより、オーバーランをするのが遅れた。よって、谷内が挟まれている途中で、宗に三塁送球、紅林に二塁送球をさせ、近藤が二三本間に挟まれることができなかった。よって得点することができなかった。

一死三塁からの3バントスクイズ

7回裏一死三塁、オリックスの守りは、一塁手頓宮、二塁手安達、遊撃手紅林、三塁手宗、右翼手小田、中堅手福田周平、左翼手中川、捕手伏見、投手は、吉田凌であり、何れも右投げである。松本のカウントは、2-2である。松本がフェアゾーン、ファウルゾーンに飛球を産み出せばタッグアップで本塁に走れる。タッグされる前に三塁走者がホームベースを蹴ることができれば得点できる。ファウルゴロでは得点できない。
宗は、遊撃寄りのアンツーカーを芝の境目に左足を跨がせている。遊撃の紅林は、三塁ベース寄りで前進守備を敷く。頓宮も前進守備を敷く。
松本は、吉田凌が右腕前腕部を回内した後、右手親指基節骨でグリップを叩くが、右手親指PIP関節が屈曲する。三塁走者の近藤がアンツーカー内で走塁のトップを作る。吉田凌が右肘を屈曲して逆Lを作った後、松本はバントのセットアップが完了する。右手親指の指先でグリップを押してしまっている。三塁走者は、打者がフライングエルボーした後、トップハンドの親指の一部がグリップに当たる前にスタートを切るのが基本であるが、宗は、三塁ベース方向に戻り始めていない。三塁走者の近藤がスタートを切る。松本は、右肘のフライングエルボをする間が作れず、トップを作った後、右肩関節が内旋する。アウトローの投球に対し、右手親指の指先を進行させるが、ヘッドが下がる。
打球はハーフバウンドしてファウルゾーンに進む。松本の構え遅れが原因である。

村西良太のピッチング

首を三遊間に向ける。首を三塁ベースに向ける。首を右打席の内側のラインの投手寄りに向ける。首を左打席の外側のラインからボール3.5個分入ったところに向ける。首を三塁ベース方向に向ける。首を三遊間に向ける。首を右打席の内側のラインの捕手寄りに向ける。首を左打席の外側のラインからボール3.5個分入ったところに向ける。左足拇指球で地面を蹴る。右腕前腕部を回内してセットを解く。左足の内側から入射する。

山﨑颯一郎のピッチング

首を右打席の内側のラインの投手寄りに向ける。左肩が左打席の中心線からボール1個外れた部分を向く。右足のスパイクの外側をプレートの三塁側に沿わせる。グラブは背骨の前で鎖骨の高さにセットする。左膝を胸の高さでインサイド60°の角度で屈曲する。左足首は底屈している。右足がヒールアップする。左足の内側から入射する。右肘のアクセレーション前に頸反射していない。

吉田凌のピッチング

首を左打席の外側のラインからボール2.5個分入ったところに向ける。右足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせる。グラブは、背骨の右側で鎖骨の高さにセットする。左腕前腕部、右腕前腕部を回外する。左足拇指球で地面を蹴る。右腕前腕部を回内する。右腕前腕部を回外する。右手親指基節骨でボールを叩く(スタンダードW)。左足の内側から入射する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA