二死二塁からのランエンドヒット、勝因は、上川畑の隠れた、基本に忠実な走塁[対ソフトバンク12回戦F3-2H]

パドレス資本の傘下AAAエルパソをFAになった秋山翔吾は、西武でプレーしていたときから、左肘をつまみ上げる過程でストライドが広がり、右肘、首が左肩の方に入り、右肩がホームベースに被さる。左手小指第二関節の回転半径が長く、加速距離が短い。アウトコース膝元のコーナーギリギリを通過する投球の軌道、ど真ん中の抜いた変化球を振れない。右肩を開くと左肩が残らないドアスイング。アウトローでワンバウンドした投球を振る。カープファンにわかりやすい例え方をすると、”左の堂林”。経済関係上は使用人であるが、法律上の権利義務を負わされている役員から権利義務を委任された新庄を始め、現場スタッフは秋山翔吾には見向きもしなかった。王貞治も渡辺久信も佐々岡、松田元よりも栄養費に付ける価値を安くした。
秋山翔吾は、広島東洋カープとの契約が事実上成立、ロスチャイルド傘下のメディアの使用人に洗脳され、野球を知らないカープファンは、歴史が動いたと狂気乱舞の大喜び。歴史は、経済関係の更新の過程に価値を付けたものである。歴史は実体のない観念である。歴史や時が動くのではなく、肉体が稼動するのだ。
日本ハム対ソフトバンク12回戦、試合は、9回裏を終了した段階で2-2のタイスコア、試合は延長戦に進む。
ファンの多くは、ソフトバンクの拙守のお蔭で勝てたとかソフトバンクの選手が自滅してくれたから勝てたと評するが、果たしてそうだろうか。

コリンレイのピッチング

レイは、左足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側でエッジをかけ、オープンスタンスでセットアップする。右足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせている。左腕上腕部が内旋している。右腕上腕部は外旋している。グラブはヘソの高さに置き、ボールは右手中指の付け根で握る。首は、左打席の外側のラインの捕手寄りを向き、頸反射していない。
左膝を屈曲、左足首を底屈する。右足踵にウェイトがかかる。左足首を背屈して90°にする。左膝の屈曲の高さがヘソに達すると右足がヒールアップする。首の位置が左打席の中心線に近付く。左腕上腕部が外旋する。頸反射はしていない。
左腕前腕部を回外する。左膝を伸展し始める。頸反射していない。右足踵で地面を荷重する。左足首は背屈し、左足外踝がホームベースの方に向く。右腕前腕部を回外する。頸反射していない。左腕前腕部、右腕前腕部を回内する。右膝が折れ、右足首が底屈し、右足小指球にウェイトが移る。頸反射する。右手首は骨盤を通過させず、右肘を伸展させる。右肘をアウトサイドの逆Lにする。右手親指の腹でボールを叩いて右肘をつまみ上げる。頸反射はしていない。右肘のアクセレーション前に両肩甲骨が最もぶつかる。右手首の最大背屈位から頸反射をし始める。最大背屈位以後も右手小指第二関節は内旋し続けるが、右手小指第二関節が180°内旋するところまで右腕上腕部は外旋しない。右手親指のしなりを解く。

ポンセのピッチンング

左足のスパイクの内側、右足のスパイクの外側の小指球寄りにエッジをかけ、左足をクロースドスタンス、左肩をオープンスタンスにしてセットアップする。左腕上腕部を外旋し、右腕上腕部は内旋している。首は左打席の外側のラインを向き、頸反射していない。右足のスパイクの外側は、プレートの一塁側に沿わせている。グラブはヘソの高さにセットし、右手中指の付け根でボールを握る。左足首を背屈し、左膝の屈曲の高さをヘソより上に達したとき、右足がヒールアップする。左肩、首が左打席の中心線寄りに動く。頸反射はしていない。左腕上腕部は内旋し、右腕上腕部は外旋する。左腕前腕部を回外、右腕前腕部を回外すると左膝が伸展し始める。左足首は背屈している。頸反射はしていない。右肘をつまみ上げた段階では頸反射していない。ここで最も両肩甲骨がぶつかる。右手首を煽ったところ(最大背屈位)で右手小指第二関節の内旋が停止し、右肘側副靭帯を伸展して右腕前腕部をレイバックする。右手小指の付け根を打者に向けていき、右手親指のしなりを解く。右手親指のしなりを解き始めてから頸反射する。右手親指が屈曲し、右手親指の指先でボールを叩き右手人差し指の付け根が被さり、右腕上腕部が凹む。

コリンレイの一塁牽制

4回表、レイは、左股関節を屈曲する前に左肩を開く。首は左打席の外側のラインの捕手寄りを向き、頸反射していない。左腕上腕部、右腕上腕部を内旋している。ボールは、右手中指の付け根で握る。右手首は背屈している。右足スパイクの外側をプレートから外さずに、右膝を屈曲して右足首を背屈する。右足踵がヒールアップする。右腕前腕部を回外する。頸反射していない。左腕上腕部は内旋している。左足のスパイクの内側で一塁側に左足をスライドする。スタンダードWで右肘をつまみ上げる。左足はスパイクの外側から入射する。首が一塁線ハーフウェイ方向を向く。左腕上腕部は内旋している。右肘アクセレーション前に左腕上腕部を外旋する。最大外旋位で首と背骨が一塁ベースの方を向く。頸反射はしていない。左股関節が内旋する。右手親指のしなりを解いてスリークォーターで牽制球を投じる。
松本剛は、両肘をヒッチ、両足をすり足でシャッフルしながらリードを取る。コリンレイが右肘をアクセレーションする前、松本は、左足のスパイクの内側でアンツーカーと芝の境目にエッジをかけたとき、左膝が外側に開く。右足がスパイクの内側から入射する。首が背骨よりも左肩寄りに向く。右腕前腕部が内旋する。レイが右手親指のしなりを解いたとき、松本は、走塁におけるトップを解除する。右足拇指球で地面を後ろに蹴ってしまう。松本は、両手を揃えてダイヴする。左腕上腕部を内旋し左肘をつまみ上げ、右手親指のしなりを解いて右肘が伸展する。右手小指第二関節を内旋して一塁ベースのマウンド寄りのコーナーに向けて入射する。一塁手の中村晃は、右手親指で松本の右手の橈側にタッグする。

清宮幸太郎の守備

2回裏、三塁手の野村佑希は、三塁ベース寄り後ろ、遊撃寄りのアンツーカーと芝の境目に守る。今宮は、右手親指のしなりを解くとヘッドが下がる。三塁走者牧原は、今宮が右手親指のしなりを解いたのと同期してスタートを切っている。今宮は、投球に差されて一二塁間のゴロを産み出す。清宮は、右足内踝が地面に着くスレスレまで右足内転筋が内転、右股関節が伸展する。ストライドが広がる。左足はスパイクの外側から入射するが、左肘を伸展して背骨の左側でバックハンドで捕球する。右手小指が立たず、トップを作る間ができない。右手親指のしなりを解く前に右肩が残らない。
5回裏、中村晃は、ヘッドアップして一塁線のゴロを打つ。清宮は、ハーフバウンドが跳ね上がったところで、左手小指の第二関節を内旋して背骨の右側で捕球する。右股関節をバックステップして左足のスパイクの外側から入射する。頸反射していない。左腕前腕部は回外するが、左肘が右肩の方に入る。左股関節をバックステップすると左膝が外側に開く。右足のスパイクの内側から入射する。右手親指のしなりを解く直前に右肩が残らない。首が右肩の方に戻る。送球がアウトハイに外れる。

セーフティスクイズの失敗

5回表一死からヌニェスが左翼席にソロ本塁打を放ち同点に追い付く。上川畑が三塁打を打って一死一三塁。打者は、石川亮、カウントは3-1、一塁手中村晃は前進守備、三塁ベースには誰も入っていない。上川畑は、左足のスパイクの外側を三塁ベースの本塁寄りの三塁線と交わるコーナーに左足のスパイクの外側を沿わせる。リードもアンツーカーと芝の境目に引っ掛ける範囲に留める。石川亮は、レイがセットを解いたのと同期して右手親指基節骨でグリップを叩いてヘッドを投手方向に向ける。左手小指第二関節を内旋する。右手小指第二関節を内旋して右肘をヒッチする。レイが右手親指の腹でボールを叩いたとき、石川亮は、右手小指基節骨が立って投手方向に向く。右手親指がしなる。左腕前腕部が回内する。頸反射している。しかし、右手親指を屈曲して右手親指の指先でグリップを捕手方向に押していく。右手人差し指の付け根がグリップに被さっていく。右手小指の付け根がグリップに当たる。右手小指が立っていかない。右手親指がしなるが、しなりは小さい。バントのセットアップが完了する。右腕前腕部を回外し、右手中指の付け根でグリップの上を握る。左腕前腕部を回内している。右股関節を屈曲している。左膝が折れ、左足首が底屈する。右手親指のしないを解くと、右手小指が立たない。トップを作る間が作れない。右手親指のしなりを解く前に右手親指がしならない。右肩が残らない。上川畑は、石川亮が右手親指のしなりを解いてからスタートを切る。石川亮は、右手親指のしなりを解くと、両腕の深層屈筋が突っ張る。投球に差されて小飛球を産み出す。石川亮は、捕手甲斐の前を横切り一塁に向かってスタートする。左打者にドラッグバントをさせると走り打ちになる。打撃を崩す。捕手の動きを妨害できない。新庄は、敢えて右打者に三塁線にプシュバントのサインを出しているのだ。
レイは、左手小指の第二関節を内旋、左足のスパイクの外側から入射する。左足首が背屈する。右股関節が屈曲し、右足首が底屈する。右足首を背屈すると、左足踵が上がり左足首が底屈する。右股関節をバックステップする。左膝が伸展し、左股関節が内旋する。両足をシャッフルする。右股関節が外旋する。右足踵で荷重し始める。頸反射している左足はスパイクの外側から入射する。右手親指の腹でボールを叩くと、左腕前腕部を回外する。しかし、右足小指球にウエイトが移り、右膝が外側に開く。左肘が右肩の方に入る。左股関節が伸展し、左足首が底屈する。左足のスパイクの内側から入射する。右腕上腕部を外旋すると、右肘のアクセレーション前に右足首が背屈し、右足踵にウェイトがかかる。右足スパイクの外側にウェイトが移る。右手小指の付け根が三塁側を向く。右手親指のしなりを解くと右手人差し指がボールに被さる。三塁送球がインハイに外れる。上川畑は、左股関節をバックステップ、左股関節を屈曲、左足首を底屈。右股関節を内旋、右足首を背屈してスライディングし、帰塁する。

二死二塁からのランエンドヒット

10回表、津森が一死から上川畑に四球を与え、石川亮がバントで送り、二死二塁。新庄は、石井の代打に谷内、カウント1-2。2アウトであるから守る野手がノーバウンドで捕球すれば攻撃終了。打者が空振りすれば攻撃終了。打者の前足のストライドが広がってしまい、トップハンドの親指のしなりを解いた後、トップハンドの親指PIP関節が屈曲してトップハンドの小指が立たず、フライングエルボーせず、トップハンドの小指第二関節を内旋できなくなっても、審判が投球の軌道にストライクという価値を付けられれば、攻撃終了。ストライドが広がってトップハンドの親指のしなりを解除した後加速がストップしても後ろ肩が残っていなければ、ハーフスイングに空振りという価値が付けられれば攻撃終了。守る野手が打球をノーバウンドで捕球するか打球がワンバンドするかに関係なくスタートを切らなくてはならない。収束すると、投手がセットを解く前に走塁におけるトップを作り、打者が親指のしなりを解いた後、グリップに親指の基節骨が当たる前に既に出塁している走者は走塁におけるトップを解除してスタートを切らなければならない。3アウトが成立する前、すなわち、打者が右手の親指のしなりを解いた後、右手親指基節骨がグリップに当たる前に二塁走者上川畑が走塁におけるトップを解除してスタートを切る。三塁ベースの最もマウンド寄りのコーナーを右股関節を内旋して右足のスパイクの外側で前に蹴る。谷内は、右手親指のしなりを解くと泳ぐ。ヘッドが下がる。ヘッドアップする。
嘉弥真は、左腕前腕部を回内し、右手小指第二関節で打球を叩く。両膝が折れ、両足首が底屈する。臀部が
沈む。首が右足の方を向き、頸反射していない。右膝が外側に開く。左腕上腕部が内旋し、左肩が打球の軌道に被さる。左肘が伸展する。両手首を背骨の方に引く。両腕上腕部が内旋し、左肩が更に打球の軌道に被さる。左股関節、左膝が屈曲する。左足がヒールアップする。左足首は底屈している。右股関節をバックステックするが右膝が依然として外側に開く。右足のスパイクの外側が入射する。左肩が地面に被さり、頸反射はしていない。左手親指の腹で空中を叩く。左足のスパイクの内側が入射する。左足内転筋が内転、左足首が底屈する。右股関節が内旋、右膝の屈曲の角度に価値を付けると125°、右足首が背屈する。右足首の背屈の角度は、105°。右足外踝がプレート方向に向く。頸反射する。左肘をヒッチする。右腕前腕部が回内する。右股関節を更に屈曲し屈曲の角度に価値を付けると90°になる。右股関節が内旋、右膝の屈曲する角度が90°になる。右膝の屈曲の位置が骨盤の高さに上がる。右足首の底屈の角度が75°になる。右足のスパイクの外側が一塁ベースのアンツーカーと芝の境目を向く。左足がヒールアップする。頸反射している。左手小左股関節がバックステップする。左手親指の腹でボールを叩く。左足踵で地面を荷重し、左膝が外側に開く。左足外踝にウェイトがかかる。左足の爪先、左膝が外側に開く。右股関節の屈曲の角度に価値を付けると90°。右足首の底屈の角度が45°右膝が屈曲する。右膝の屈曲の角度が75°。右足の足裏を一塁ベースに向ける。右足踵は三塁線に向けている。頸反射している。右腕前腕部は回外している。右足はスパイクの内側から入射する。左膝のアクセレーション前には頸反射していない。左足のスパイクの内側の拇指球寄りにウェイトがかかり、左足踵が浮く。右股関節が外旋する。右膝から下がO脚になる。最大外旋位では頸反射していない。右股関節が内旋、右足スパイクの内側が入射し、右股関節から下がX脚になる。右足外踝が一塁方向を向き、インステップしている。嘉弥真は、左手の親指の腹でボールを叩くと左手人差し指の付け根がボールに被さる。一塁送球がインハイに逸れる。中村晃がダイヴするが捕球できない。送球が一塁線を破り、柳田は、左肘を伸展して背骨の左側にグラブを出すが後逸する。