[交流戦対DeNA3回戦F2-4DB]攻走守全ての面で課題の残った試合

日本ハムの先発根本は、巨人戦でプロ初勝利、ベイスターズ戦で2勝目を上げることができるか。一方のベイスターズの先発は濵口

先発根本悠楓vs濵口遥大

根本は、セットを解く前、頸反射していない。右股関節、右膝を屈曲、右足首を背屈すると一瞬左足がヒールアップします。セットを解きます。右足首を底屈したまま右膝を下した段階では左足が踵体重になっています。ここで左腕前腕部、右腕前腕部を回内します。右足首を底屈すると右足小指球にウェイトが移ります。左手首をつまみ上げてから左腕前腕部を回外します。左足小指球で地面を蹴り始めています。トップを作る間ができていません。
濵口は、札幌ドームのマウンドでは、マウンドの頂点に左足のスパイクの外側を沿わせる。右肩はスクエアスタンス、右足はクローズドスタンスにしている。ボールは、左手中指の付け根で握る。首は一塁線方向すなわち背骨の方を向き、頸反射していない。右腕上腕部、左腕上腕部は外旋している。右膝を屈曲、右足首を背屈したとき、右足が踵体重になる。左手首つまみ上げると左足拇指球で地面を蹴る。右足は、スパイクの内側から入射してしまう。リリース直前に右膝が突っ張る。
アルカンタラは、ヘッドを立ててから右足内転筋が内転、ストライドが親指小指間の1/2分広がるが左足はスパイクの外側から入射してアウトステップ。トップを作る間が作れなかった。
3回終了の段階でスコアは、F0-0DB
4回表、二死一三塁から宮﨑の右前安打でベイスターズが先制
4回裏、宇佐美がリードオフダブル。野村が三振に倒れ、一死三塁
清宮は、トップを作る前のヘッドを立てるという動作を行う間が作れない。トップを作るが左手の親指をしなる間を作らない。左手親指のしなりが小さいまま、左肩が残らないまま、左手親指のしなりを解く。
無死二塁、二塁走者は、帰塁優先の2wayリードが通説化されている。通説も客観も観念にすぎない。確かに、清宮は左手の親指のしなりを解く前に左肩が残っていないので、清宮が左手親指のしなりを解く前にスタートを切るのが難しい。宇佐美は、右足がアンツーカーと外野の芝との境目の最も三塁側寄りのコーナーに右足つま先をかけ、すなわちアンツーカーから出ずに、シャッフルをする。最低限のことはやっていると言えなもない。桑原は、右足を回転軸に左手小指でフェンスに当たって跳ね返った打球を叩く。桑原は、右股関節をバックステップし、スタンダードWで右手首をつまみ上げる。桑原は、左足のスパイクの外側から入射する。二塁走者宇佐美は、右足がスパイクの内側から入射する。左股関節が屈曲する。右足拇指球で地面を後ろに蹴る。左股関節がフロントステップする。左足の爪先又は右足の爪先で三塁ベースの内側を蹴るのではなく、三塁ベースの内側のコーナーを右足拇指球で踏む。宇佐美は、3塁ベースを回った後、三塁に帰塁する。
一死二三塁から石井一成の右飛が犠飛となって1-1の同点に追いつく。アルカンタラは、左手小指の付け根が投球の軌道に入るが、左翼線寄りの打球に佐野が追い付けず二塁打となる。これで日本ハムは、2-1と逆転。
5回表、桑原は、右足内転筋が内転し、ストライドが広がりますが、左足はスパイクの外側から入射。左股関節を戻してスライダーを左翼席に本塁打する。これで同点に追いかれる。

8回玉井大翔ー西村天裕

8回裏、牧の中前安打でベイスターズが逆転。
松本は、三塁線にワンバウンドで本塁に送球。松本は、背骨の左側で捕球し、左肘を右肩の方に入れてスローイングする。左肘を抜くと、右手小指は立つが右肩が残らない。
本塁送球の間に、牧は2塁に進塁。玉井は、ボールを右手親指の腹で叩くと右腕上腕部が凹み、アウトローにワンバウンド投球。無死三塁から宮﨑が右前安打で、ベイスターズが更に一点追加し、F2-4DB
玉井が降板した後に登板した西村は、左足首を底屈し、左股関節を屈曲しない。左股関節を内旋する。セットを解く(右腕前腕部を回外する)。左腕前腕部を回内する。左足首を背屈すると右足が踵体重になる。右腕前腕部を回内する。左腕前腕部を回外してから右手親指の腹でボールを叩く。右手親指の腹でボールを叩く間がゆったりと作れていない。

総括

日本ハムは、走塁面で課題が残った。8イニング目は、吉田輝星が6月5日の阪神戦で55球、投げた関係で、様々な投手が入れ替わりで登板しているが、8イニングス目を投げるという仕事を任せてみたいという内容を何れも残していない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA