[対楽天6回戦]F5-8E(21/04/2022)追補

日本ハム対楽天6回戦、先発は、立野和明と高田孝一

高田孝一のピッチング

右手親指の指先は、ボールの外側に反らす。ボールを中指の付け根に嵌める。
左肩は、左打席の中心線からボール半個分外側のライン寄りに外れたところを向く。頸反射はしていない。
左足のスパイクの内側、右足のスパイクの内側でエッジをかけ、左膝は左肩を同じ方向に向ける。
グラブは、背骨の右側でヘソの高さにセットする。
プレートの三塁側に右足のスパイクの外側を沿わせる。
グラブを背骨の右側で背骨の高さに上げる。
ボールを親指基節骨で叩き、グラブを背骨の右側で鎖骨の高さに上げる。
左足拇指球で地面を蹴る。
左膝をヘソの上の高さでインサイドの角度で屈曲する。左足首は背屈している。
左肩が左打席の中心線に動く。
首は、左打席の中心線よりも左打席の内側寄りに動く。
右足がヒールアップする。
左腕前腕部を回外、右腕前腕部を回内し、セットを解く。
左肩が左打席の中心線方向に動く。
右手首は、両股関節を結ぶラインの内側、プレートの一塁側の端よりも中心寄りで止める。
左腕前腕部は回内する。左肩は左打席の中心線を向く。
右足前脛骨筋が回内(外反)し、左足裏が55°の角度で立つ。左足首は背屈している。
右肘はインバートWでつまみ上げる。
左足のスパイクの内側踵寄りから入射する。
右肘のアクセレーション前に右足拇指球にウェイトが移り、左股関節が外旋する。頸反射していない。右肘が沈む。
リリース直前の左膝の屈曲が135°よりも深い。
リリース直後、右腕上腕部の棘下筋が沈む。
回外後、右手人差し指と中指がくっ付かない。
右足は、右肩よりも三塁線寄りの斜め前で着地する。

河野竜生の牽制

西川遥輝の本塁ー一塁間のベースランニングは、一塁ベース寄りでラインの外側に走路の膨らみを作り、一二塁間で走路の膨らみを抑える。
4回裏二死一塁、一塁走者は西川遥輝、投手は、左投手の河野である。河野は、左打者の小深田に対し、21球目を投じ、カウントは2-1となる。左翼手松本剛、右翼手今川は、右翼線、左翼線を空け、右中間、左中間を狭めて守る。中堅手近藤だけが前進守備を採る。
西川の一次リードは、右足をインステップし、右足の小指をアンツーカーと芝の境目に引っ掛ける。左足、右足のスパイクの内側でエッジをかけている。すなわち、2wayリードを採る。頸反射はしていないが、首は背骨よりも右肩関節方向に向けている。両股関節を内旋し、両膝を曲げずに両手親指を両膝の上、太腿の内側に引っ掛けている。
河野は、左足のスパイクの外側をプレートの三塁側に沿わせる。グラブは、背骨の左側で胸の高さにセットする。河野は、一二塁線に首を向けた後、左打席と一塁線の交わるポイントとホームベースのアンツーカーと一塁線が交わるポイントの中間に首を向け、プレートから左足のスパイクの外側を外さず、右足拇指球で地面を蹴る。左腕前腕部を回外してセットを解く。左腕前腕部を回内する。左腕前腕部を回外する。左手親指基節骨でボールを叩く。右足はスパイクの外側から入射する。左肘のアクセレーション前に頸反射している。
西川は、左膝が外側に開く。河野がセットを解いた後、左股関節を内旋する。右足のスパイクの外側から入射する。
河野が投じた一塁送球は、一塁ベースのアンツーカーと芝の境目のカーブの最もマウンド寄りを通過する。清宮は、一塁ベースの最もマウンド寄りのコーナーに右足小指球を付け、バックハンドで捕球する。清宮は、二塁方向に西川遥輝を追い詰め、二塁に送球する。二塁ベースに遊撃手の石井が入り、西川遥輝の左腕上腕部にタッグする。

参考資料

楽天

4回表、高田は、52球目、今川に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
4回表、高田は、56球目、清宮に対し、アウトロー(左打者のインロー)にスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
5回表、石橋は、14球目、今川に対し、アウトローにフォークをワンバウンドさせる(空振り)。
5回表、石橋は、17球目、今川に対し、アウトローにカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
5回表、石橋は、18球目、今川に対し、アウトローにカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
5回表、石橋は、20球目、清宮に対し、インロー(左打者のアウトロー)にフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
9回表、松井裕樹は、11球目、万波に対し、アウトロー(右打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。

日本ハム

3回裏 立野は、40球目、西川遥輝に対し、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
3回裏、立野は、54球目、マルモレホスに対し、アウトロー(左打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
3回裏、立野は、58球目、マルモレホスに対し、インロー(左打者のアウトロー)にスプリットをワンバウンドさせる(ボール)。
3回裏、河野は、4球目、渡邊佳明に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
4回裏、河野は、10球目、辰己に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(ボール)。
5回裏、河野は、35球目、浅村に対し、アウトロー(右打者のインロー)にスライダーをワンバウンドさせる(ハーフスイング、四球)。
5回裏、河野は、38球目、マルモレホスに対し、インローにカーブをワンバウンドさせる(空振り)。
5回裏、河野は、45球目、銀次に対し、アウトローにカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
7回裏、宮西は、9球目、島内に対し、アウトローにスライダーをワンバウンドさせる(四球)。
7回裏、玉井は、2球目、炭谷に対し、アウトローにフォーシームをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、古川侑利は、4球目、西川遥輝に対し、アウトロー(左打者のインロー)にフォークをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、古川侑利は、7球目、西川遥輝に対し、インロー(左打者のアウトロー)にチェンジアップをワンバウンドさせる(空振り三振)。
8回裏、古川侑利は、12球目、浅村に対し、アウトローにカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。
8回裏、古川侑利は、14球目、田中和基に対し、アウトロー(左打者のインロー)にカットボールをワンバウンドさせる(ボール)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA